短編2
  • 表示切替
  • 使い方

クリーンヒット

僕が地元を離れてから5年経った。5年も経つが彼女はいない。

彼女がいない理由は、学生時代付き合っていた彼女をいまだに忘れられないからだ

当時、彼女はソフトボール部でピッチャーでエースだった。 僕はというと野球部で補欠だった。

意外にも告白は、彼女からだった。

僕と彼女はいろいろな場所に2人で行った。

彼女とのデートで一番楽しかったのは、近所の公園でのソフトボールを使ったキャッチボールだった

だけど、楽しい時間も長くは続かなかった。

付き合い始めて一年後の夏に彼女は、試合中に倒れてそのまま帰らぬ人になった。心不全だった。

僕は、なにもかもどうでもよくなった。野球部も辞めた。高校もあまり行かなくなった。卒業できたのが奇跡だと思う。

僕は、高校卒業後すぐに地元を離れ就職した。

そして、僕は、今日、五年ぶりに地元に帰ってきた。

実家に着くと荷物を置いてすぐに彼女の墓参りをした。

彼女の墓に僕は、家から持ってきたソフトボールを置いた。

線香をあげて帰ろうとした時、〇〇!懐かしい声が僕の名前を呼んだ。

振り返るとそこには、彼女がいた。彼女は、驚いている僕に向かって『久しぶりにキャッチボールしよ!』と大きな声で言った。

言い終わると同時に彼女は、投球フォームをとった。僕は、即座に座り捕球体勢になった。

彼女の投げたボールが僕の方に向かって飛んでくる途中に僕はグローブをつけていないことに気付いた。

避ければいいのだが、僕は、久々の彼女のボールを受け止めたかった。

手で止めれば最悪骨折で済むはずだと思った。しかし、彼女の球は僕の手前で浮き上がり僕の額に直撃した。

彼女得意のライズボールだった。

僕の人生はこうして終わった。

今、僕は、あの世で彼女とキャッチボールを楽しんでいる。

彼女が死んでから止まっていた僕の時間は、あの世で再び動き始めた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ