短編2
  • 表示切替
  • 使い方

九州出身の

あれは、高校2年生の夏休み。

その日は綺麗な満月が窓から覗く、熱帯夜だった。

MP3から流れる『熱帯夜』が風流(?)だな、なんて思った。

寝付けずに、どれぐらいたっただろう。

R〇P SLYMEのアルバムが3、4回リピートしたころだったか、MP3が突然止まった。

驚くことはない、充電が切れたのだろう、と思いイヤホンを外そうとした。途端に、悪寒が走った。

動かない。

これが金縛りか、と変に納得した。

仰向けに寝ていた僕は、必死に目を開けようとするが、なかなか開かない。

ようやく薄目ほどに目が開くと、僕は信じられないものを見た。

ちっこいオッさん三人。

一人はフンドシ、鉢巻き、無精髭。つるっつるにハゲた頭に、月が反射している。俺の胸の上で、仁王立ちしている。

もう一人は、格好はほぼ一緒だが丸メガネをかけている。しゃがんで俺のビーチクあたりをつついている。

最後の一人に至ってはタバコをくわえ、気をつけの状態で寝ている僕の腕に足をかけ、

腕を組みながら哀愁を漂わせている。

状況だけなら滑稽な気もするが、本人としては恐怖だけが心を埋め尽くしていた、と言っても誰も信じない。

オッさん三人が何か叫んでいる。

ハゲ『そっちはどけんや!!』

丸めがね『こっちはダメばい!!!!』

哀愁『そしたら次、行こうで!!!!!』

窓をすり抜けてぴょんぴょん家から出て行く。

恐怖から解放され、気がゆるんだのか、ストンと眠りに落ちた。

太陽の下で、地図を描いた布団を乾かしていると、灰色の染みを見つけた。タバコの灰だった。

オッさんは実在する。

後々色々考えた。オッさん達は、九州訛りであったこと。

『こっちはダメばい!!!』。もしダメでなかったら、僕はどうなったのか。

隣の家のおじいちゃんが、その日に老衰で亡くなったことと関係はあるのか。

あれがなんなのか、まったくわからない。

今夜、オッさん達が貴方の家にもくるかもしれませんよ。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿タイ製さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ