短編2
  • 表示切替
  • 使い方

一枚の絵

これは、私が体験した1番怖い話しです。実話。

私は、養護施設で育ったのですが、その施設には一枚の絵がありました。墨で描かれた市松人形に似た女の子の絵です。

その絵は、寺の坊さんが飾ってくれと言って施設に置いていきました。言われた通り飾ることにして数日、私と年の変わらない子供達が、女の子の絵を指さして、

「この女の子と遊んだよ」と口を揃えて言いました。

私は、子供ながらに

「何言ってんだか」

と馬鹿にしていました。

ですが…

ある夜、小学校で出された宿題を施設から少し離れた勉強部屋で私と、もう一人の女の子と施設の職員さんと三人で勉強していました。

私は、先に勉強が終わり施設に戻るため外にでて施設の職員さんが車を停めてる駐車場から戻ろうと歩いていたんですが、何気なく一台の車に目をやると車の後部座席の窓から絵と全く同じ女の子が、こちらをじっと見ていて私は、恐怖のあまりしばらく動けませんでした。

私は、これはヤバイと思いゆっくり後ろに下がり勉強部屋へと戻り他の子が勉強終わるまで待って一緒に戻ったんですが、その時には消えていました。そのことがあってから霊感が強くなり恐怖体験を死ぬほどしました。

その絵に関してたくさんの心霊現象があったため職員は物置きにしまってしまいました。

ですが、話しは終わりません。私が中学生の頃、新しい児童が入ってくるので物置きになってた部屋の片付けを手伝っていました。

すると、あの絵が…

その絵を見た瞬間、霊感が強かった私は、この絵はマジでヤバイ飾って置いたら霊感がない人間でも普通に見えてしまう。そう思って近くのお寺へ持っていき供養を頼んだら、この絵は霊自体が強いため、無理だと断られましたが無理矢理、寺に置いてきました。

すると寺の近くで、その女の子を目撃したと言う話しを聞くようになりました。

話しは、変わりますが私が育った施設は墓を潰して出来たので心霊スポットより怖く簡単に霊を見ることができます。特に、夜0時過ぎからが…。霊感が無くても必ず霊が出る部屋があるので見てしまいます。本当に怖い施設でした。

怖い話投稿:ホラーテラー あゆさん

Normal
閲覧数コメント怖い
14800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ