短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ペットの葬儀

以前かわいがってた猫の「もけ」が死んだので、

ペット葬儀屋で火葬してもらったあと、合同慰霊祭に出すことにした。

合同慰霊祭とは言っても広い御堂で本職のお坊さんがお経を上げてくれる本格的なもの。

手続きをしたときにペットの名前欄があったので、

フルネームである「もけもけ王子3世」と記入した。

御堂には50人くらいの人達がいて、神妙な顔でお経を聞いていた。

そのうちにペットの名前が1匹ずつ読み上げられ、

「ジョ~ン、ベンジャミ~ン、あ~いちゃ~ん・・・」と続いた。

この時点で数人の肩が震えだした。

やばいな~と思いつつ、うちの順番を待っていたら、

「も~け~も~け~おうじぃ~、さ~んせぇ~」と読み上げられた。

何人かが盛大に吹き出したが、泣いてるふりでごまかしていた。

それにしても、ピクリとも笑わない坊さんはさすがプロだなと心底思った。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17410
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

怖くないし、ふざけた話だけど、好きだな。
不謹慎なコメ、すみません。