短編2
  • 表示切替
  • 使い方

幸せの絶頂

『こんな日が来るなんて、わたし信じられないわ』

妻が言った。

それはそうだ。

不妊治療を始めて7年。諦めかけたこともあった。

虐待死のニュースを見るたびに

(なぜ私たち夫婦に子どもが授からないの?)

と嘆いたこともあった。

そんな私たちのもとへ、待望の赤ちゃんが誕生したのだ。赤ちゃんは妻を母親に、私を父親にしてくれた。

これ以上の幸せがあるだろうか?

いつまでだって見つめていたい。だが名残惜しいが仕事へ行く時間だ。

『……そろそろ仕事へ行って来るよ。お父さんが居ない間に、あんまり可愛いことするなよ。できるだけ早く帰ってくるから』

可愛い娘のほっぺに触る。

妻は笑って

『そんなこと言ってないで、いってらっしゃい。あなたが居ない間は私がこの可愛い天使を独り占めよ』

と言った。

娘を抱いた妻が玄関まで見送ってくれる。

『今日は5年ぶりに会う友だちがうちに来てくれるのよ』

妻は嬉しそうだ。

『そっか。じゃあゆっくり楽しんで。たっぷり可愛い天使を見せてあげて』

――――――――――

午後1時。

5年ぶりにN美が遊びに来てくれた。

N美は不妊治療の末、5年前に出産した先輩ママだ。

『ほんとに可愛い赤ちゃんね。目元がご主人そっくりだわ』

N美がそう言って娘を抱っこしてくれた。

『ありがとう。N美が5年前に出産したとき、自分のことのように嬉しかった。……でも悔しい気持ちも正直あったの。でも今はN美の気持ちが分かる。私も母親の気持ちがやっとわかったの』

そう言うと、N美は微笑んだ。

『そうね。わたしは出産をして、幸せを噛みしめたわ』

そしてN美とわたしは昔話に花を咲かせ、あっという間に時間がたった。

『あら、もうこんな時間? そろそろご主人も帰ってくるわね。わたしも娘に花を買っていかなくちゃ』

N美が立ち上がる。

『あぁ、そう言えば今日だったわね。早く行ってあげて。凄く喜ぶわ』

また会う約束をしてN美は帰って行った。

――――――――

『ただいま』

自宅へ帰ると家の中は真っ暗だった。

おかしいな。友だちと出かけたのだろうか? それとも疲れて眠っているのだろうか?

リビングへ行くと、暗闇の中に妻がいた。

『なんだ、居るんじゃないか。どうしたの、電気もつけないで』

スイッチを入れると妻が振り返った。

『今ね、幸せを噛みしめてるの』

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ