カーバンクル

カーバンクル(Carbuncle)は、伝説上の生物であり、額に真紅の宝石を備えているとされる。
また、その宝石を手に入れた者は富と名声を得るともいわれる未確認生物である。

大航海時代、16世紀のスペインの僧侶詩人であるマルティン・デル・バルコ・センテネラが目撃し記した、著書『アルゼンチナ』(1602年)が最初の記録である。

センテネラは著書において、パラグアイでの自身の目撃談を述べている。
その姿を「燃える石炭のごとく輝く鏡を頭にのせた小さな動物」と表現している。

センテネラはこの生物を求めてパラグアイの川やジャングルを探し回ったが、結局、発見に至ることはなかった。
『アルゼンチナ』にある記述はこれのみで、未だカーバンクルが哺乳類か、爬虫類か、鳥類かについては一切わかっていない。

また、スペインの探検家であるゴンサーロ・フェルナンデスはこれを、竜の脳の中に秘められているといわれる宝石と結び付けて考えていることから、カーバンクルを竜とする説もある。
民間伝承においては原典での姿が明瞭でないということもあり、一定していないが、姿はサルやリスなどの小動物とされることが多い。
伝承における唯一の共通点として、額に真紅の宝石を備えており、その宝石を手に入れた者は富と名声を得るともいわれている。

センテネラの後も何人もの探検家がカーバンクルを探し求めており、富と名声に関する伝承が生まれた後には、さらに多くの探検家がカーバンクル捜索に挑んだが、成功した例は確認されていない。

日本では昭和・平成以降、『ぷよぷよ』や『ファイナルファンタジー』などのゲームのキャラクターとしてある程度、知名度が高まっている。
なお「カーバンクル」の名は、ルビーやガーネットなどの赤い宝石を指す言葉としても用いられており、この宝石を持つと富と名声、幸運が得られるともいわれる。
この伝説の生物にこの名が用いられるようになった後でも、「カーバンクル」の名は宝石の名に用いられることの方が多い。

閲覧数コメント怖い
62400
  • コメント
  • 他の投稿
  • タグ