オクラホマオクトパス

オクラホマオクトパス

オクラホマ・オクトパスとはアメリカ合衆国に位置するオクラホマ州各地に点在する淡水湖に棲息しているとされている未確認水棲生物である。オクラホマ州の中でもテンキラー湖、サンダーバード湖、そしてウーロガー湖にて度々目撃されている。
その名のとおり、見た目はタコのようであるとされている。濃い赤褐色の体をしていて、無数の触手のような足を有していて全長は馬一等分に等しいとされている。しかし、報告されるオクラホマ・オクトパスの特徴を統合するとイカのような生物であることも否定できない為、現段階では頭足類という風に大きくひとまとめにされている。
オクラホ・オクトパスが発見、もしくは棲息すると考えられている湖では水遊びが盛んになる夏の季節になると原因不明の溺死事例や失踪者の報告が多くあげられる。その原因として、このオクラホマ・オクトパスが取り上げられ、現地では注意すべき危険な生物として認知されている。オクラホマ・オクトパスを目撃した人々の中には、水中で襲われたという証言をする人も少なくないと言われている。
研究者らは、報告される外見の特徴からタコやイカなどの頭足類であることは間違いないだろうという見解を示している。しかし、太古の昔からほとんど変わらない姿で行き続けてきた種類であるにも関わらず、その長い歴史の中で一度も淡水での生息が確認されていないことから、その矛盾を解消する糸口を見つけられずに調査は難攻を極めているとされている。また、このオクラホマ・オクトパスの存在が証明できれば、例えそれが未確認生物ではなくとも歴史上初の淡水に生息する頭足類の存在が明らかになるため、UMA関連の研究者らをはじめ、水棲生物全般を調査している別分野の研究者らもその解明を急いでいる。その為、各方面の第一人者によるまったく違うアプローチに基づく説が多く飛び交い、それが調査全体を遅らせている原因にもなっていると考えられている。

閲覧数コメント怖い
51800
  • コメント
  • 他の投稿
  • タグ