オラン・ダラム

オランダラムとは、マレシーアに生息すると言われる類人猿型の未確認生物(UMA)である。

同じくマレーシアやその周辺い出没すると言われているオラン・ペンデク 、オラン・ガダンなどもオラン・ガダンの仲間。または同様のUMAであると考えられている。

オラン・ダラムは古くから目撃例があり、その容姿については大方一致を見ている。
見た目は人間に近い形であり、真っ黒い毛で全身を覆われている。
身長はおよそ2.1~2.4メートルであり、同様の獣人であるビッグフット 級の大柄な類人猿型UMAである。

近年においてもオラン・ダラムと思われる目撃情報は相次いでおり、特徴的な巨大な足跡は長さ40センチ以上もあることが通例となっている。

このオランダラムの生態については諸説あるものの、有名なのはその生息域の季節によって行動様式を変化させることである。

オラン・ダラムが棲息しているといわれる地域は人跡未踏のジャングル奥地であるといわれる。春先や秋などになると、ときおり人里に下りてくるといわれ、その際に川辺などを歩いてやってくると言われる。

このオラン・ダラムについて初めて本格的な調査を行った人部tうは、作家であり探検家であるハロルド・スティーブンス 。
スティーブンはオラン・ダラムの存在を確信し、1970年代に部下を従え、オラン・ダラムの探索に出かけた。
だが、困難を極める過酷な探検であったにもかかわらず、ついに探検隊はオラン・ダラムを発見することは出来なかった。

しかし近年に入り、、オラン・ダラムの目撃例が増え始め存在の最大の手がかりといえる、「オラン・ダラムの足跡」が多数見つかりはじめている。

2014年5月10日。マレーシアの半島最南部にあるジョホール州の州都ジョホールバルを走る道路上に泥だらけの足跡が発見される。
その足跡は三組あり、ひと組はトラのもの、もうひと組はゾウのもの。しかし、最後の一つは他のどの生き物ともつかない巨大なものだった。
その巨大な足跡は、幅11センチ、長さ43センチ。
人間の足のように縦に細長い形状をしており、4本の突き出した大きな足指があった。

 その巨大な足跡を発見した人物はサイア・チュウィー・クィム(64歳)と、彼女の夫リム・テオン・ケン(66歳)の夫婦だ。
彼らは、この足跡の主が毛むくじゃらの巨大な獣人「オラン・ダラム」のものであると主張している。
その後、発見者の夫婦は、娘のジョアンナ(30歳)とシンガポールから訪ねてきた友人たちを伴い、足跡をたどる探査行を行った。結果、その巨大な足跡は1キロ以上も続いていたのだ。
 「足跡をたどって同じように歩こうとしても、歩幅が広すぎることがわかります。足をかなり大きく広げない限り、その足跡をたどることはできませんでした」
 と、発見者の夫婦は語る。
この一見は単なるUMA騒ぎにとどまらず、事態の重要性を認めた同州政府は、同国の有識者や専門家、科学者らで組織する特別調査隊を結成。この足跡の正体と、事態の真相の解明に乗り出すことになったのである。

また、現地民の間では、この獣人に別名として「出っ歯の幽霊」という名前が付けられている。
出っ歯の幽霊とは・・・またチャーミングな名前である。

閲覧数コメント怖い
37000
  • コメント
  • 他の投稿
  • タグ