カクラト

漂着した謎の生物の死骸は世界各地で発見されている。2008年7月、正体不明の漂着獣の死体が、アメリカ、アラスカ州ヌニバク島のメコリュクの岸部に打ち揚げられていた。滑らかな表皮、長い首と尾から、地元では同地に語り継がれていた水棲怪獣「カクラト」ではないかと噂されている。ただし、サンプルすら採取されず、正体は謎のままだ。2008年7月に撮られた写真では、左側にゾウの鼻のようなものが突き出ている。「カクラト」とは、先住民に言葉で「野獣のセイウチ」を意味する。

閲覧数コメント怖い
8501
1
  • コメント
  • 他の投稿
  • タグ

カクラトはトランコ同様、古代のゾウアザラシだと思います。