スクヴェイダー

"スクヴェイダー(スウェーデン語:skvader)とはスウェーデン先住民族の翼を持つウサギの種のことである。体の前半分がウサギ、後ろ半分がライチョウという姿をしており、未確認動物の一種とも言える。
スクーヴァ、スクーアとも呼ばれることがある。

スクヴェイダーはホーカン・ザネマーク(H?kan Dahlmark)というハンターによって1874年に発見された。
スンツヴァル(Sundsvall)の博物館には、1918年に剥製師のルドルフ・グランバーグ(Rudolf Granberg)が制作したスクヴェイダーが展示されている。
この剥製には体の前半と後肢はノウサギ、残りはヨーロッパオオライチョウのメスが使用されている。ご丁寧にラテン名(Tetrao lepus pseudo-hybridus rarissimus)まで付けられているが、むろん学名としては不適格である。

スクヴェイダーという名はskvattra(鳴く?)とtj?der(ヨーロッパオオライチョウ)から作られた造語とされる。

スクヴェイダーの存在は、20世紀初頭にスンツヴァルのレストランでホーカン・ザネマーク(H?kan Dahlmark)という男が語った話に由来する。
スンツヴァルの北で1874年に体の前半分がユキウサギ、後ろ半分がライチョウという奇妙な生き物を目撃、この生き物をしとめたと主張したのである。
これは他の客を楽しませるために語られたものであったとわかっている。

ホーカンは1907年の誕生日に家政婦の甥からスクヴェイダーの絵を贈られたが、これを死の直前の1912年、地元の博物館に寄贈した。
1916年エルンシェルツビク(?rnsk?ldsvik)で開かれた展覧会で、絵を送られた博物館の館長はルドルフ・グランバーグ(Rudolf Granberg)という剥製師と知り合いになった。
ここで館長はルドルフ・グランバーグにスクヴェイダーの逸話と絵について語り、この動物を復元してくれるようにと依頼した。
これに応えた剥製師グランバーグは1918年にスクヴェイダーを完成させた。
剥製のスクヴェイダーはホーカンの地元の博物館へと納められ、以来スクヴェイダーの剥製は絵とともにこの博物館の人気の展示品となった。
それ以降、非公式ながらもスクヴェイダーはスンツヴァルのシンボルとして人々に愛され続けている。

未確認生物として引き合いに出されるものの、スクヴェイダーはホーカン・ザネマーク(H?kan Dahlmark)という男が語った話が発端だと出所があきらかであり、ホーカンが唯一の目撃者である。

しかしスクヴェイダーは現地では人々に愛される存在であり、1987年にはメーデルパッド地方の動物を制定する住民が行われた際には、なんと多くの住民がスクヴェイダーに投票した。妥協案としてスクヴェイダーの前半であるユキウサギが最終的には選ばれたほど、現地では大変人気がある。
現在も博物館への道には「スクヴェイダー注意」の交通標識が掲げられ、1950年代から1960年代にかけてノールランドの小さなバス路線で運行されていたバスの愛称にもスクヴェイダーが使われている。
1994年にはスンズヴァルの小さな公園にスクヴェイダーの銅像が建立された。

生き物としてのスクヴェイダーは愛されているものの、話し言葉としてのスクヴェイダー(skvader)という語は「悪い妥協」「矛盾する物の組み合わせ」という意味で用いられる。"

閲覧数コメント怖い
57200
  • コメント
  • 他の投稿
  • タグ