モントーク・モンスター

モントーク・モンスター

"モントーク・モンスター(Montauk monster)は、ジェナ・ヒューイットら三人の女性や、クリスティーナ・パンパローン女史によって2008年7月12日、アメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランド島の東端に位置する、モントーク岬ディッチ・プレインズ・ビーチに打ち上げられた死骸として発見された。
その後、2009年4月には対岸のコネチカット州オールドライムにて。2009年5月、ロングアイランド島サウスホールドにて。2011年1月30日、トリシア・ナミアスとその夫が、ロングアイランド島ベイビルにて。2011年3月30日、ロングアイランド島ノースビルにて。2012年3月に、ロングアイランド島ロイドネックにて。2012年4月20日に、アランバーレイがカナダはケベック州サン ジャン湖畔にて。2012年7月に、ニューヨーク市のイースト・リヴァー、ブルックリン橋の下、等でも同様の死骸が発見されている。

2008年7月23日、地元新聞に「Bonacvilleの猟犬」として掲載された。その姿は、嘴(くちばし)を思わせる突出を持ち、下顎の犬歯も鋭く、体毛も無く、体型も下腹部の膨らんだ奇妙なものだったため、未確認動物(UMA)ではないかと話題になる。
2008年7月29日、未知動物学者ローレン・コールマンによってCryptomundoにて『モントーク・モンスター』と名付けられた。このことにより、全世界に『モントーク・モンスター』の名と画像が拡がることとなった。

発見場所より30キロメートル東方に在る『プラム島動物疾病センター』(1951年からアメリカ軍の下で『食用動物に対する生物兵器』について研究されていた施設『ビルディング257(Lab 257)』)が、遺伝子操作をして創り上げたキメラではないかとの説もあった。
他に、甲羅の剥がれたウミガメ。足や顔が似ている事より羊。その犬歯の鋭さより齧歯類。顎骨の形状からボクサーもしくはブルドッグ。など、多種多様な憶測が生まれた。
甲羅の剥がれたウミガメとしては、背骨を損傷せずに甲羅が剥離することなどありえない事や、モントーク・モンスターに見られる毛皮や歯の存在がおかしいと指摘された。
羊としては、羊は鋭い歯を持っていない事から否定され、齧歯類とするには、2つの巨大な湾曲した切歯が不足しており、ボクサーもしくはブルドッグなどの犬とするには、頭蓋骨や尻尾の形状から否定された。
嘴(くちばし)状に見えたものは、別の角度から撮影された写真により、犬歯やそこに付随する歯が抜け落ちた上顎の骨であることが確認されている。またその異様な体型も、細胞組織が水を吸ってぶよぶよになり、腐敗により発生したガスが主に下腹部を膨れ上がらせたものである。アライグマとしては、脚が身体の比率に対し長すぎると指摘されていたが、ダレン?ネイシュにより彼自身のブログで、モントーク・モンスターの写真の上に精密に描かれたアライグマの死体により否定している。
最終的には、疥癬(かいせん)に感染したアライグマであるという説で落ち着いている。

参考文献
MONTAUK-MONSTER THE TRUTH,THE LEGEND,THE MYSTERY(公式サイト)
http://www.montauk-monster.com/

英語版Wikipedia(Montauk Monster)
http://en.wikipedia.org/wiki/Montauk_Monster

日本版Wikipedia(モントーク・モンスター)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC
"

閲覧数コメント怖い
1,02900
  • コメント
  • 他の投稿
  • タグ