オクトプス・ギガンテウス

オクトプス・ギガンテウス

アメリカ、フロリダ州
1896年/30メートル
巨大タコ/クジラ

1896年11月30日、アメリカ、フロリダ州セントオーガスティンでふたりの少年が砂浜に埋もれた6~7メートルの巨大な死骸を発見。死体を検分した地元の学者は、イエール大学のダディスン・ヴェリル教授(動物学)に連絡。教授は巨大タコと推定し、仮の学名「オクトプス・ギガンテウス」と名付けた。1971年にも、死骸の標本サンプルを分析したフロリダ大学の学者らは、未知の巨大タコ説を支持した。だが、マッコウクジラの脂肪であるとする主張もあり、正体は依然不明のままである。

閲覧数コメント怖い
2,7320
3
  • コメント
  • 他の投稿
  • タグ