ブランクストンビースト

ブランクストンビースト

●ブランクストンビーストの生態

 ブランクストンビーストとはアメリカ・ウエストバージニア州で目撃された人型のUMAである。体は赤く光っていて、直立二足歩行をする。

●ブランクストンビーストの目撃談、正体

 2005年11月、アメリカ・ウエストバージニア州のブランクストンの森の中で謎の生物が映像に撮影された。撮影者のフレデリック・B・ガーウィクは、野生動物の観察のために設置した定点カメラに、その生物が写っていたという。その生物は直立二足歩行をしており全身が赤く光っていた。

 その生物の姿は人間と比べても奇妙な特徴を持っており、またその撮影された森はカーウィグの父親の所有地であったため、外部から侵入した人間である可能性は低いのだという。それは異星人なのか、霊的な存在なのか、未知の生物なのか、正体は不明である。

 しかし、この近辺では別のUMAが目撃されており、その生物のと関係性が注目されている。このブランクストンという土地では、フラットウッズモンスターと言われる生物が目撃されている。1960年12月、運送業者であったチャールズ・ストーヴァーはウエストバージニア州ブランクストン・カントリーとウェブスターカウンティーの間に位置するヒッコリーフラットの森で車を走らせているときに、そのモンスターを目撃した。

 車がカーブにさしかかったときに、彼はそこに立つ人間のような姿で全身が毛に覆われた謎の生物を発見した。その生物は身長が1.8メートルほどで直立していたという。ストーヴァーはスピードを上げてその場から逃げて、近くにあったガソリンスタンドでその目撃談を話した。そして銃を持って数人で現場へ向かったが、そこには生物の姿はなかった。生物がたった後には跡があり、巨大な岩が押し倒されていたそうだ。

 このような目撃談から、この地域に人型の謎の生物が存在する可能性は高い。しかしその後、新しい情報はなく詳細は不明だ。

 アメリカではモスマンやフライングヒューマノイド、ビッグフットやピッグマンなど、多くの人型のUMAが目撃されている。しかしブランクストンビーストは他のUMAと比べても大きく異なった特徴を持っている。撮影された写真を見ると、その生物は確かに赤く光っている。一部の昆虫や魚類を除いて、自分で発光する生物は確認されていない。そのため、ブランクストンビーストはエイリアンか、もしくは政府によって開発された生物兵器などであることが考えられる。

 アメリカでは、政府が地球外生命体と接触しているとか、生物兵器を開発しているという噂が古くからある。UFOも多く目撃されており、実際に宇宙人に誘拐されたと主張する人間も多くいる。他の国と比べてその数があまりにも多いため、本当に何か地球外の存在と関係を持っているのではないだろうか。

 もう少し現実的な考えかたとしては、単に不法侵入したハンターなどが光の関係で赤く光っているように撮影されたというものだ。撮影された写真は全体的に赤みがかっており、たまたま人間が赤く光っているように撮影された可能性もあり得る。ブランクストンビーストについての情報は少ないが、今後新たに目撃され、調査が進むことが期待される。

閲覧数コメント怖い
35600
  • コメント
  • 他の投稿
  • タグ