紫色の鏡

紫の鏡という言葉を20歳になるまでに覚えていると鏡の中に連れ込まれて死んでしまうという話がある。

この話には様々な創作エピソードがあり、覚えていると不幸になるや結婚できないなどである。

ところでなぜ紫なのだろうか?
少女がお気に入りの鏡に紫色の絵の具を塗ったところ取れなくなり、これが呪いとなり少女は衰弱して亡くなってしまったといった話から来ているという。

つまり、取手部分などが紫色のわけではなく、鏡本体が紫色に塗られたことから始まったとされる。

他には、成人式を迎えようとした女性が交通事故に遭って死んでしまい、紫色の鏡が部屋から見つかったという話や、ただれた肌が紫色に見えることの偏見や死への恐怖がこの話の根本になっているといった話もある。

紫の鏡以外にも20歳までに覚えていると呪われるとされる言葉には「イルカ島」や「血まみれのコックさん」などがある。

しかし、「水色の鏡」と言えば解除することができるという。

さらには「白い水晶」や「ピンクの鏡」などの言葉を覚えておくと幸せになれるという説もあるので、是非覚えておきたい。

閲覧数コメント怖い
3,01600
  • コメント
  • 他の投稿