スレンダーマン

スレンダーマンとは、アメリカをはじめとした海外の都市伝説に登場する異形の怪人である。外見は背が高く、やせていて異様に長い手足をもち、顔はのっぺらぼうのようにはっきりしない。なぜかビジネススーツを着用している。

目撃者は、スレイダーマンの異様に長い手足を「蛇のような腕」、「見た目はロープみたい」、「動く木の枝」のようだと話している。

スレンダーマンの起源は古く、エジプトでも、スレンダーマンについて語られている。スレンダーマンはファラオの時代に「神々の盗賊」または、「Kukの盗賊」として広く知られていた。

両手が自由に伸びターゲットを見つけると執拗につきまとう。この怪人につきまとわれると鼻血が止まらなくなる「スレンダー病」にかかってしまうらしい。

作家の山口敏太郎氏はスレンダーマンについて「ビジネススーツの怪人という部分は、現代米国人の隣人への不審感を表しており、モンスターらしくない人間のような容姿は、幽霊的なものより人間が一番怖いという現代の風潮を表していると思われます」と語っている

閲覧数コメント怖い
3,41700
  • コメント
  • 他の投稿