指切りげんまん

「指切りげんまん」と言えば、子供が約束をする時に使われる風習である。

皆さんも子供の時に一度は使ったことがあるだろう。

この「指きりげんまん」には、ある怖い起源が存在する。

江戸時代、遊郭の遊女達は様々な男性と性的な関係をもっていた。

そのため、口でいくら「愛している」と言ってもなかなか男性に信用してもらえなかった。

そこで、本気で好きになった男性に愛を誓うときは、自分の左の小指を切り落として男性に贈ること
で誠意を伝えていたという。

この遊女の愛の誓いを「指切り」と言う。

この遊女達の風習が、庶民にも伝わり、子供達が約束をするときに「指切り」の真似事をするようになったのである。

また、この風習は博徒集団にも広がり、親分に対する忠誠の誓いに利用されるようになった。

今日のやくざのエンコ詰めはこの指切りの風習に由来している。

ちなみに、げんまんは「拳万」と書き約束を破った時は握りこぶしで1万回殴ることを意味する。

閲覧数コメント怖い
5,4360
1
  • コメント
  • 他の投稿