バーコードハゲ

ある日、バーコード頭の男性はお腹が空きコンビニへ買い物に行く事にした。

そのとき男性はとても酔っぱらっており、お菓子や飲み物、お弁当などを大量に買い物かごの中にいれレジへ向かった。

その男性はレジに着くと店員が少し焦った様子でお会計を始めた。
深夜のコンビニにこんなにも大量の買い物をするお客さんは少ないため焦ったのであろう。

焦った店員は男性がレジに持ってきた商品を床に落としてしまったのである。

酔っている男性は「しょうがないなー」と商品を拾いあげようとした。

「すみません」と店員はスキャナーを持ちながら男性の方に前のめりになったところ、スキャナーが男性の頭にぶつかってしまった。

その瞬間に「ピッ」と音が鳴り焦って表示を見てみると10円と表示されていたのである。

店員は謝りながらもこの状況に耐えきれず吹き出してしまった。

酔った男性は自らの頭がスキャンされたこと、10円という表示だったことにショックを受けその場を後にした。

閲覧数コメント怖い
4,8871
2
  • コメント
  • 他の投稿

ダメだぁ…やっぱり笑っちゃった(#^.^#)
10円っていうと…う○い棒かな!