猿の惑星の秘密

猿の惑星とは、フランスの小説家フランスの小説家ピエール・ブールによるSF小説のことで、のちに映画化されている。この猿の惑星には、日本人があまり知らない秘密が存在する。なんとこの猿の惑星に出てくる猿は日本人がモチーフになっているというのだ。

作者のピエール・ブールは、ビルマでプランテーションを経営していたが、第二次大戦で日本軍によってビルマが占領され、捕虜として収容所に送られた。そこで、日本軍から家畜以下の扱いを受けたという。その時の体験を描いたのが小説『戦場にかける橋』である。ピエールは、農園でアジア人をこき使っていたが、今度は逆に日本人にこき使われるという「立場の逆転」が生じた。西欧では、古くからアジア人を猿として蔑視していたが、その「猿」によって支配されるという立場の逆転が生じ、それが猿の惑星における人間と猿の逆転の発想につながっている。

また、映画版の猿の惑星の猿は黒人を意味し、白人と黒人の逆転を描いてる。

閲覧数コメント怖い
7,6570
2
  • コメント
  • 他の投稿