鰻の開き方..

江戸時代から日本人に食されてきた鰻。

この鰻を裁き開く際、大まかに分けて二通りある。

一つは関東地方が主流である背開き。

後、一つは関西地方が主流である腹開き。

何故、開き方は別れたのか?

実は秘密がある。

江戸は武士の街だったので

腹開き=武士の切腹を連想させるとして御法度にして

背開きを主流にした。。

対して、浪速は商人の街だったので

商人同士の商談の際

お互い、腹を割って話しましょうや!!

と云う事で、腹開きにした。。

今も日本人に好んで食される鰻は

二つの街の精神性を現した神秘な生物である。

閲覧数コメント怖い
4,9420
2
  • コメント
  • 他の投稿