ある大学の山岳部のメンバー四人が、雪山を登山している最中に遭難してしまった.夕方になって吹雪が強まり、四人が宛もなくさまよっていると、山の頂上に一件の山小屋があるのをみつける。その山小屋は使われている様子がなく、暖をとれそうな物もなかったら、吹雪だけは凌げると考えた4人は、そこで夜を明かす事に決めた.しかし、夜になって気温が下がると、部員の中には寒さから震えが止まらなくなる者が出てきた.そんな時、このまま小屋の中で眠ってしまっては死んでしまうと考えた一人の部員が、あるアイディアを思いつく。
それは、まず部員の四隅に一人ずつ立ち、最初の一人が壁沿いに角まで走る。そして、角にいる二人めにタッチをし、二人目が三人目に、3人目が四人目に。。。というものだった。こうすれば、眠る事がなく、体を温めることもできる。
中央の床の上に置いたランプの小さな明かりだけが照らす暗い部屋の中、お互いの顔が見えない状態で四人は朝までこの『終わらないリレー』繰り返した。

そして翌日、山小屋を訪れた救助隊によって四人は無事に救出された。
その後、四人は大学に戻って他の部員達にこの日の事を話した。すると、話を聞いていた部員の一人が不思議そうに彼らに尋ねた。『それっておかしくないか?四隅に一人ずつ立って立って始めるだろ、四人目が角に走っていっても、そこには誰もいないんだぜ。そこで運動が終わらないか?』
それを聞いた四人は背筋が凍りついた。あの夜、運動が終わる事はなかったからだ。もしかして、いるはずのない五人目が。。

閲覧数コメント怖い
5,4983
3
  • コメント
  • 他の投稿

5人いないと成立しない・・・

しかし、部員達はお陰で助かりましたね。

頭の回転が遅いので、手のひらに書いてやってみました。ホントだw