赤いマフラー

ある小学校にいつも赤いマフラーを着けた女の子が転校してきた。

とある日に同じクラスの男の子が
「なんでいつもマフラーを着けてるの?」
と聞くと
「あなたが中学生になったら教えてあげる。」
と女の子は答えた。

男の子と女の子は同じ中学になった。
そこである日、
「なあ中学生にもなったし、なんでマフラー着けてるか教えてくれよ。」
と男の子がたずねた。
しかし女の子は
「私と同じ高校になったら教えてあげる。」
と答えるだけだった。

高校でも再び同じ学校になった二人。
「なんで赤いマフラーを着けているかそろそろ教えてくれよ。」
という男の子の問いかけに
「私と同じ大学になったら教えてあげる」
と笑うだけだった。

二人は同じ大学の同じ学科へすすんだ。
その頃には二人は恋人同士になっていた。
それからも同じ会社へ就職し、結婚もした。

結婚してからしばらく経ったある日、
男は妻となった女に
「ところでおまえってなんでいつもマフラーしてるんだ?」
ときいた。
「わかったわ、そろそろ教えてあげるね・・・」
そういうと彼女は今まで決してはずさなかった赤いマフラーを首からはずした。

ゴトン

彼女の首が床へと落ちた。

女の子の首は昔からマフラーでつながっていたのだ。

今でもある家では赤いマフラーをした女性と青いマフラーを着けた男性が仲良く暮らしているという。

閲覧数コメント怖い
7,8401
4
  • コメント
  • 他の投稿

なんかの本で読んだことがあります!
赤いのは血でしょうか...