マレーシア航空370便墜落事故

マレーシア航空370便墜落事故

マレーシア航空370便墜落事故とは、マレーシアのクアラルンプールから北京に向かっていたマレーシア航空機が2014年3月にタイ上空で突然消息を絶ち、行方不明になった事件を指す。

捜索活動もされたが、行方はわらないまま、2015年1月29日、マレーシア政府はマレーシア航空370便は消息を絶った後、墜落し搭乗者は全員死亡したという推定を正式発表した。

恐ろしいことに、このような飛行機の失踪事件はマレーシア航空以外にも度々報告されいる。1948年から80件以上の失踪事件が報告されており、1年に1回以上このような事件が起きている。日本においても、ボーイング707-320F貨物機が成田空港を飛び立ち30分後、太平洋上空で忽然と、消息を消した事件が起きている。海上自衛隊が捜索活動を行ったが、手がかりは何もみつからなかった。

このような失踪事件は、テロリストによるハイジャックなのか。それとも宇宙人による仕業なのか謎のままである。

閲覧数コメント怖い
18,1300
10
  • コメント
  • 他の投稿