ある男性が宿泊先のホテルから夜景を撮影していた。
そこでたまたま、飛び降り自殺の瞬間を撮影してしまう。
翌日、男性は昨日のことを確認するためフィルムを再生した。
すると、中には自殺した女性が笑いながらカメラを睨む姿が映し出されていたという。

これと似た話はいくつか存在する。
ある男性が偶然、飛び降り自殺を撮影する。
しかし、その後時間がたっても警察や救急車がこない。
撮影者は不審に思い、自殺者が落ちた場所を見渡した。
だが、あたりには、なにも自殺者の痕跡がなかった。
男性が撮影したのは、人間ではなく、飛び降り自殺を続ける幽霊の姿だったのだ。
他にも、突然不審な電話がかかってき、窓の外をみるように誘導される。
窓の外をみると女性が笑いながらビルからおちていったなどの話がある。

閲覧数コメント怖い
21,7400
19
  • コメント
  • 他の投稿