都市伝説「口裂け女」

都市伝説「口裂け女」

口裂け女の噂は、大人には余り影響は無く、
特に小中学生に恐怖的な印象を与え、強く根付いた噂話です。

1979年頃に噂が始まり、各地で、色々な口裂け女の伝説が現れました。

古くは1754年の岐阜県で起きた農民一揆で犠牲になった者の怨念が、
妖怪伝説となり、時を経て現代の口裂け女になった説もあります。

明治時代に岐阜県と滋賀県で、女性が手に鎌を持ち、
白装束姿で目撃されたことから始まった噂話の説もあるようです。

現代では、精神状態が不安定な女性が、
顔の下半分に口紅を塗り、精神病棟から抜け出したなどの話も有ります。

岐阜県では、噂が集中していて、
夜の塾通いをしたい子供を諦めさせるため、
「夜外に出ると、口裂け女が出るよ」と言って夜の外出をできない様に、
子供を怖がらせたり、教育熱心の母親の姿から想像されたりと、
噂の出処が違えども、子供達に恐怖を与えたのは確かでしょう。

一時消えた噂でしたが、1990年に、
再び噂が流れて、整形ミスであるなど、いかにも現代風な容姿で語られました。

口裂け女の容姿は、地域で様々に変わっていますが、
一般的には、黒い長髪、マスクをしている、白い衣装、手に鎌を持っている、等です。

身体能力は、100mを12秒台で走るとされ、
かなりの高速で移動できるなど、身体能力は高いと言えます。

普段の居場所は、神社に寝泊りしている、体育館のステージの下に住んでいる、
学校の保健室に現れる、墓石のあるところに現れると言われています。

口裂け女には姉妹が居て、姉の二人は整形に成功したが、
末っ子だけが、手術に失敗し、口が裂けたままに成っていると語られています。

実際、この口裂け女は、社会問題になり、映画化されたり、
隣の国、韓国でも流行ったと言われています。

口裂け女の行動は、道行く人に話し掛け、
「私、綺麗?」と聞いて来るので、「はい」と応えると「これでも?」と、
マスクを取り、耳まで裂けた口を、露にするとされ、
「いいえ」と応えると、持っている鎌で襲われると噂されていました。

口裂け女の対処法として、
好物のべっこう飴を与えて喜んでいるうちに逃げる、
「私、綺麗?」と聞かれたら、「ふつう」と応えると襲われないと伝えられています。

愛媛県と徳島県では「口割れ女」の都市伝説があり、
愛媛県では、「私、美人?」と聞かれて応えないと包丁で刺される。
徳島県では、「私の目は綺麗?」と聞かれるなどの噂があり、
これは地元の新聞社が、口裂け女を誤って記事にしたとされています。

この噂で、当時の小中学生は、外に出るのを恐れて、
学校に行けない、外で遊ぶ事ができないなどの問題に発展しました。

閲覧数コメント怖い
3,7790
1
  • コメント
  • 他の投稿