インターネット上には、いろいろと寄付を求めるサイトがある。その中に「怪我をしたかわいそうな動物に寄付を」というサイトがあり、同じページには銀行口座の情報も併記されていて、簡単に寄付ができるように工夫されていた。

写真付きで紹介されているそのサイトには、片足が無い犬や、内臓が飛び出た猫たちの画像があり、思わず目を背けたくなるようなものばかりであった。

だが、回復経過の画像を順を追って掲載していたので、活動内容もよく分かり寄付もそこそこ集まっている様子。

しかし、不思議な点もあった。

重傷の動物の中には、無くなった手足が再生しているものや、見るからに死んでいてもおかしくない状態の猫が、後日元気に遊んでいるものもあった。

そのことを不思議に思い、ふと画像のファイル作成日時を調べてみると、恐ろしい事実が判明した。

完治後の姿としてサイトに掲載されていた画像は、無残な姿で横たわる画像より以前に作成されていることがわかった。つまりホームページの管理人は…

閲覧数コメント怖い
16,6293
7
  • コメント
  • 他の投稿

寄付金なんて本当に使われてるなんてわからないしね

愛護でも団体でもないやん
はよ捕まって死刑されてや