横綱が変えた少年の未来

日本国技の1つでもある「相撲」

大柄の男がふんどし一丁でぶつかり合う、なんとも暑苦しいスポーツの相撲だが、実はかなりガチガチの縦社会だという。先輩の言うことは絶対であり、逆らうなどもってのほか。

しかし、そんな相撲界の中でダントツで後輩の面倒見が良かったのが、元横綱である「曙 太郎」だという。

縦社会の上に立つ人間は厳しいイメージがあるが、そんな中でも曙は後輩に優しく、数々のエピソードを残しているという。

例えば、後輩と一緒にお酒を飲みに行った時の話。

ベロベロに酔っ払った後輩力士が、何を思ったか道路の標識を曲げたという。これだけでも一般人からは考えられない都市伝説レベルの話だが、それを見た曙の行動が凄い。

怒鳴る訳でもなく、優しく「こらこら、ダメじゃないか」と注意し、曲がった標識を真っ直ぐに戻したのだ。

曙太郎のエピソードはこれだけではない。

曙がデビューからの連続勝利記録を塗り替えて、そのお祝いとして温泉へ出かけた時の話。温泉の玄関先で、坊主頭の少年が落ち込んでいた。

優しい曙は「どうしたんだい?」と少年に声をかけたという。

その少年は涙ぐみながら「僕がスクイズに失敗したせいで、チームが負けてしまったんです…」と答えた。

彼は高校3年生の野球少年だった。

それを聞いた曙は、こんな言葉をかけた。

「"負けて覚える相撲かな"という言葉があるんだ。僕だって負けた日には落ち込むけど、勝ちっぱなしの人生なんて存在しないよ。」

これを聞いた少年は「ありがとうございました!元気が出ました!」と言い残し、帰っていった。

見ず知らずの少年を気遣い、優しい言葉をかける曙の懐の深さに感銘を受けるエピソードである。

それから数年後。
横綱となった曙は、バッタリとある人物と会うことになる。

曙が「はじめまして」と声をかけると、その人物は「あなたと会うのは初めてではありません、何年か前に温泉旅館の玄関先で、野球少年を励ましませんでしたか?実はあれ、僕だったんです。お陰様で、こうしてプロ野球選手になることができました。あの時の横綱の言葉、今でも忘れません。本当にありがとうございました!」

この人物こそ、のちに世界で活躍することになる、あのイチローである。

イチローの名言に、こんな言葉がある。

「何かをしようとする時、失敗を恐れないでやって下さい。失敗して負けてしまったら、理由を考えて反省して下さい。必ず将来の役に立つと思います。」

少年時代のイチローに曙が残した言葉にそっくりなのだ。

今のイチローを作り上げたのは、曙だと言っても言い過ぎではないかもしれない。

現在の曙は相撲界を引退し、総合格闘家そしてタレントとして活動しているが、優しさは当時のままだという。

閲覧数コメント怖い
9,9000
1
  • コメント
  • 他の投稿