ロールプレイングゲーム

生まれた時からひどい小児喘息持ちの男の子がいた。

夜中に母親を起こして病院に連れて行ってもらう事もしょっちゅうあり、小学校に上がってからは、さらに病状が悪くなってしまった。もちろん体育なんかは出られないし、みんなと外で遊ぶ事すら出来なかった…

小学5年生になってからは、ほぼ毎日病院に行って吸入するくらいまで悪化してしまい、そのまま3週間ほど入院する事になった。

4人部屋の病室で、おばあちゃんとおじさん。そしてもう一人は男の子と同い年くらいの女の子。

男の子は昔からとても人見知りが激しい上に、もの凄い照れ屋で、なかなかその同室の人達と仲良くなれないで、一人で勉強をしてるかゲームボーイやってるかだった。

その時に家から持ってきたゲームソフトが「Saga2」で、すでに一回クリアしていたけど「暇だしもう一回やるかな」と、毎日やってた。

男の子が入院してから一週間が経った頃。

ゲームボーイで遊んでいる時、同室の女の子がじーっと、こちらを見てる事に気付いた。

「(もしかして…やってみたいのかな?)」と思って、男の子は「良かったらコレ借そうか?」と女の子に聞いた。

そしたら女の子は目を輝かせて「いいの?」と言うもんだから、「もう飽きたからな!」と照れ隠ししながら貸してあげた。

しかし案の定、操作が分からないらしく、画面とずっとにらめっこしてるもんだから、男の子は女の子に操作を教えながら一緒に進めることに。

パーティー4人の編成は、

主人公…

人間の男でリョータ(男の子の名前)

仲間…

人間の女でさやか(女の子の名前)

エスパーガールとロボットに、それぞれ同室のおばあちゃんとおじさんの名前を付けた。

それからどんどんその女の子と仲良くなって、二人でゲームボーイをやるだけじゃなく、色んな話もするようになった。

学校の事、
家族の事、
好きな音楽の事、
近くに迫った夏休みの事…

それからの時間は、あっという間だった。

すぐに、男の子が退院する時がやってきた。

看護婦さんや同室のおじさん、おばあちゃん達が口々に「おめでとう」と言ってくれてる中、女の子だけが泣いていた。それを見て、つられて泣きそうになる男の子。

しかし、ぐっと堪えて「お前が退院するまでコレ貸してやるよ。退院したら連絡くれよな!」と言って、ゲームボーイとSaga2を女の子に預けて行った。

それからは男の子は何回もお見舞いに行こうと思ったが、いざ行こうかと思うとなんか照れくさくて行くことが出来なかった。

女の子から連絡がないまま1年半が過ぎて、小学校を卒業する頃になった。せめて卒業前にもう一度会っておきたいなと思って、男の子は意を決してお見舞に行く事に。

しかし…病室に行ったけど、彼女はいなかった。病室入口のネームプレートにも、彼女の名前はない。

「(もうとっくに退院してたのかな…?)」と思って、ナースステーションで聞いてみた。

「遠い所に行った」と上手くはぐらかされてしまったけど、男の子も小6だったし、その場の空気や、後ろの看護婦さんが泣き出した所を見ても明らかだった。

ショック状態で呆然としてる中、その看護婦さんが、「あ、そういえば…さやかちゃんから、リョータ君が来たら渡しといてって言われた物があるのよ」と言って貸してあげた、ゲームボーイとSaga2を手渡された。

男の子はそれを受け取って、帰宅した。

帰るなり、ご飯も食べず、暗い自分の部屋でゲームボーイのスイッチを入れる。懐かしいあのオープニングの音楽。それと一緒に出てくるロード画面…

一つは、女の子と一緒にプレイしたデータ。

あの時からほとんど変わっていない。

懐かしさと悲しさで、胸がいっぱいになった。

もう一つのデータは、やたらレベルの低いものだった。

「(最初から始めたけど、すぐ飽きたのかな?)」と思いながら、そのデータをロードしてみると、そのパーティー4人の名前が

『かんごふ』

『さんにこ』

『ろされる』

『たすけて』

だった…

閲覧数コメント怖い
15,3122
5
  • コメント
  • 他の投稿

なんか涙でてきた。

やばいいい‼️