刑事ドラマが迫力に欠ける理由

ドラマのジャンルの中でも昔から人気を誇る「刑事モノ」。

しかし最近の刑事ドラマは、殺人シーンの描写に迫力が欠けるイメージを持つ人も多いのではないだろうか。

テレビの規制が厳しくなった事や、視聴者からの苦情が多くなったという現状もあるが、実はスポンサーとの絡みの問題もあると噂されている。

例えばその刑事ドラマがお酒メーカーがスポンサーの場合、酒に酔った上での犯行はタブー。また、自動車メーカーがスポンサーの場合はひき逃げはタブー。薬品会社の場合、毒殺や、睡眠薬の過剰摂取死などという設定はタブーとされているんだとか…

他にも刑事ドラマの犯人は◯◯を見れば分かる、という噂がある。

それは「車」だ。

犯人は車両提供とは違うメーカーの車に乗ると言われており「西部警察」は車両提供が日産で、犯人はトヨタなど他メーカー。

他にも「太陽にほえろ!」と「Gメン’75」は車両提供がトヨタであったが、それぞれ犯人は車両提供とは違うメーカーの車に乗っていたと言われている。

閲覧数コメント怖い
16,2481
3
  • コメント
  • 他の投稿

これは面白い!と言うか、興味深い。
『The都市伝説』な感じでした。