ある工業高校での都市伝説。

工業高校では溶接作業の技術を習得することができる。
溶接の授業では先生が「溶接で発生する火花は直視しないように、必ずゴーグルをしなさい。」とレクチャーをする。

しかし、ある男子生徒がめんどくさがってゴーグルをしないまま、溶接作業を行ってしまった。
溶接は3000度もの熱が発生する。地獄のような暑さと飛び散る火花の閃光が眩しかったが、ゴーグルが無くても溶接ができないことはなかった。

男子生徒は溶接研修を終えると、自宅に帰った。

なんだか目がチカチカしたが、あまり気にする事なくいつものようにコンタクトレンズを外した。
するとその瞬間、男子生徒の視界は真っ暗になった。なんと彼は失明してしまったのだ!

実は溶接の火花を直視したことで、気づかぬ内に角膜とレンズが融合してしまったのだった…

目は思うより丈夫、と言われているが角膜だけはそれに該当せず傷付きやすい脆いものなので、くれぐれも注意して欲しい。

閲覧数コメント怖い
5,9810
1
  • コメント
  • 他の投稿