その日の天候は気象データ通りに安定した夜だった。

幻想的な月光の雲海を遥か下に眺めながら、淡い計器灯の光の中コーヒーを啜りタワーと交信する…いつも通りだ。

しかし、普段無線に雑音など入らないのに何故か雑音が聞こえる。「調子が悪いなぁ…」などブツブツと悪態をつきながら、ふと右翼の方を見ると何かが飛んでいる。

「機長!あれ!軽飛行機が!」

「こんな高度に軽飛行機なんか飛ばないだろ?疲れているんじゃないか?」

そう言いながら、キャップも右翼側を覗き込んだ。

洋上である。

…あり得ない。

二人でよく観察すると、月光に照らし出された機体は濃い緑に塗られ日の丸が書き込まれている。

「そんな…あれ…ゼロ戦じゃないですか…」

見間違えではない。確かにそこに飛んでいたのだ。雑誌でしか見たことない60年前の飛行機が眼下に…"

しかも、900キロの巡航速度と同程度の速度で飛んでいた。プロペラ機では有り得ない速度、と言うことは…

この話を報告はしていない。頭がおかしいと思われるだけだから。ちなみに、これと同じ理由で【変なもの】を見ても誰も報告はしない。

閲覧数コメント怖い
10,1940
1
  • コメント
  • 他の投稿