コンビニは子どもを殺す

 少し哲学的なことを考えましょう。
 ヒト、つまり人間と、会社のような組織とで、最大の違いは何でしょうか?

 人間は寿命のある生物、組織は生物でない。だから、生物一般の特徴が人間には当てはまり、組織には当てはまらない。・・・ これが普通の答です。
 私は「人間はご飯を食べるけど、会社は食べません。」と回答された経験がありますが、食事については、会社も人間と同じように栄養をとらないと存続できません。人間の食事に当たるのが、金や労力であるだけです。

 私が見たところ、会社は人間より多く食べます。残酷なくらいに。
 しかし、無意識に「会社=生物の集まりの家族と似たもの」と思ってしまう方が多いようで、残酷さが直視されるのは多くないようです。

 腹が減ったら、生物は、食べ物を調達してくるしかありません。
 タコは自分の足を食べることがある、と言われますが、本当だとしても、ずっと食べ続けるわけにはいきません。
 ところが、会社は生物でないので、構成員とか資産とか、自分自身を食うことができるのです。
 功労者を追放して渡すべきだったものを食ってしまう。こんなのは、序の口。
 関係者から金をせしめようとする、死ぬまで奉仕させようとする、そんなこともよくあります。
 ブラック企業特有の性質と言われることもありますが、そうでしょうか。「拾い食い」をするかしないかのプライドの差しか無いように見えます。

 もう一つ。 生物は、自分の子を食べません。
 中国人は飢餓の時に子を交換して喰った、とか例外はいくらでもありますが、寿命のある個体が子孫を食べるなら、生物の種として成り立ちません。
 しかし会社は、平気で自分の子を食べます。 食べるために子を作ることさえします。

 コンビニという業態があります。
 フランチャイズ店のオーナーを募集していますが、これは本部から見れば、子に当たり、エサでもあります。
 オーナーのあなた、あなたの出資金、あなたの労力、すべて本部に食べられるためにあるのです。
 経営がうまく行かなくなった方から、食い尽くされていきます。
 経営が軌道に乗った方は、おめでとうございます。 しかし、油断は禁物。 本部は、あなたから十分甘い汁を吸っていますが、まだまだ貪欲です。
 あなたの店で何が売れているか、本部はすべて情報を握っています。
 あなたの店の近所に新規オープンした本部直営店は、その近辺の売れ筋商品ばかり並んでいます。
 需要旺盛で、共存共栄するかもしれません。 そのときには、本部はさらに直営店を出店します。
 直営店ばかりになった場合には、とたんに店舗整理が始まります。
 そして、直営店の雇われ店長に、フランチャイズ店のオーナーになるように声がかかるのです。

 なお、以上の話は あくまで都市伝説であり、特定の業界、団体、個人を非難するものではなく、私も事実を確認しておりません。 信じるか信じないかは、あなた次第です。

閲覧数コメント怖い
24,19200
  • コメント
  • 他の投稿