「ガラスの仮面」の最終話

延々と続いている少女漫画 「ガラスの仮面」。 作者の美内先生は、最終話をもう決めてあるそうです。

「私は悪くない! 刑事さん! 信じてください! 私は何も悪いことはしてないんです! 」
 杉子は、泣き顔で絶叫した。

「見ていた人がいてね。君のせいでマヤさんが海に落ちたと言ってますよ。」

「違います! 私がお芝居のチケットを渡そうとしたら、風でチケットが海に飛ばされたんです。 そしたらあの子、急に海に飛び込んで・・・。
 そんな事してくれなんて言ってないし、冬の海に飛び込むなんて思わなかったし・・・。 まともじゃない! 私のせいじゃありません! 」

 溺死したマヤの手には、舞台 「椿姫」 のチケットが握られていた。
 顔は不思議なほど安らかだった。
 天に召されるまでのわずかな時間に、芝居の幻でも見ていたのだろう。
 こんなに芝居が好きなら、助かっていたら、大女優になったかもしれない。 (完)

閲覧数コメント怖い
3,51200
  • コメント
  • 他の投稿