イングランド北部の町に住むショーン・ロビンソンは、2010年、祖母から「苦悩に満ちた男」という恐ろしげな絵画を相続した。 
祖母は生前、「この絵を描いた画家は、自分の血と絵の具を混ぜ合わせて、この絵を塗った。そして完成後、自殺をした。画家の苦しみが呪いとしてこの絵に取り憑いており、悪さをする。悪魔の絵だ」「この絵を壁にかけていると、話し声や、誰かがすすり泣く声が聞こえる。家の中を男の影が彷徨うようになる」と言い、25年間屋根裏に仕舞いこんでいた。

呪いなど気にしないショーンは、絵を自宅に持ち帰ったのだが、その夜から家の中で奇妙な現象が起こるようになった。  息子は階段から転げ落ち、妻は誰かに髪をなでられているような感じがしたと主張。  家族の皆が、男の影が横切るのを目撃し、夜中に、すすり泣く声やもだえ苦しむ声を聞くようになった。超常現象は酷くなる一方で、彼が寝ている寝室の隅から泣き声が聞こえるようになり、寝ている彼らを男の影が見下ろすまでになったという。  超常現象など信じていなかったショーンだが、絵画が原因なのかもしれないと思うようになり、絵の前にビデオカメラを置いて夜通し撮影することにした。
 すると、気味の悪い声や、煙のようなものが現れたり、ドアがひとりでにバタンと閉まったり、壁から絵が落ちるなどの現象がバッチリと撮れてしまった。驚いたショーンは「誰かアドバイスをくれるかもしれない」とYouTubeにこのビデオを掲載。ネット住民たちを恐怖の底に陥れた。
 その後、ショーンは一時的に両親の家に身を寄せたのだが、絵画を持参したせいか、父親が階段から転落。絵の呪いだと確信した彼は、超常現象研究グループにコンタクトをとり、問題の絵画を検証してもらうことにした。  2013年5月、研究グループは幽霊屋敷として有名なチリンガム城で、城に住む幽霊にこの絵のことを訪ねようと霊的交渉を行った。しかし、城の霊は、絵画に取り憑いた霊を嫌い、激怒。ポルターガイストを起こし、研究者たちを追い出した。この交渉には20人あまりが立ち会っており、全員が恐怖の体験をしたと報告。絵画の霊は、ほかの霊も嫌うほど、悪いものに違いないと囁かれている

youtubuに掲載された動画がこれだ

閲覧数コメント怖い
6,7710
4
  • コメント
  • 他の投稿