ある夫婦が中古の物件を購入した。値段も安いし周囲の環境もよく、日当たりも良好。中古とはいえ何もかも申し分のない家だった。
ところがある日のこと、夫が廊下を歩いているとそこに一本の赤いクレヨンが落ちている。
彼ら夫婦に子供はいない。だから、家の中にクレヨンなどあるはずがなかった。
「変だな」と思った彼だが、おそらくは前の住人の忘れものだろうと判断し、深く考えずにそのクレヨンを拾うとゴミ箱に捨てた。
数日後の朝、彼が新聞を取りに行こうと廊下に出ると、あの日と同じ場所にまた赤いクレヨンが落ちていた。
さすがに不思議に思って、そのことを妻に話すと、彼女の顔がさっと青ざめた。 
「実は私も昨日掃除をしている時に、廊下に赤いクレヨンが落ちていたので拾ったのよ。あなたが言っているのとまったく同じ場所で」 
『もしかして、知らない間何近所の子供でも入り込んできたのだろうか?』と思ったが、そうだとすれば家の中のどこかに落書きがあってもいいはずだ。クレヨンだけが落ちているとなると、これは何とも不気味な話じゃないか、と夫婦話した。
恐くなった二人は、いつもクレヨンが落ちている場所の周囲を調べてみることにした。
改めて家の図面を片手に廊下を調べた二人は、奇妙なことに気づく。明らかに間取りがおかしいのだ。家の図面を観ても、外から見た感じでも、この家には本来ならばもう一部屋あるはずだった。
 
その部屋があるべき場所と言うのが、例のクレヨンが落ちている廊下のすぐ前なのだ。
 
 二人が問題の場所の壁を叩くと、そこだけ明らかに周囲と音が違う。何やら空洞がありそうな感じの音だった。
夫が壁紙をはがしてみると、そこには念い入りに釘でうちつけられた引き戸が隠されていた。彼は釘をすべて引き抜くと引き戸を開き、閉ざされた部屋の中へと足を踏み入れる。そこは壁と床が赤くなっている部屋で、中には何もなかった。
「何だこの部屋は?」
そう思いながら壁へ近づいてみた時、夫婦は言葉を失った。
壁は赤いのではなく、びっしりと赤い文字で埋め尽くされていたのだ。このように書かれていた

「おとうさんおかあさんごめんなさいここからだしてごめんなさいごめんなさいおとうさんおかあさんここからだしてだしてごめんなさいだしてだしてだして…」

閲覧数コメント怖い
1,9621
1
  • コメント
  • 他の投稿

怖いですね!
前に住んでた家族に、一体何が起こっていたのでしょう…!

返信