童謡「サッちゃん」の謎

「サッちゃんはね、サチコっていうんだ本当だよ」
という歌詞で始まる、誰もが聞いたことがある童謡の「サッちゃん」。
普段、この童謡の歌詞を注意して聞いている人はあまりいないだろう。
だが、この歌には悲しい話が隠されているというのだ。

それは2番の歌詞にある
「だけどちっちゃいからバナナを半分しか食べられないの」
という部分と、3番の
「とおくへいっちゃうってほんとかな」
という部分だ。
「バナナを半分しか食べられない」という部分は、大好物のバナナを食べようとしたサッちゃんが
バナナを急いで食べて喉に詰まらせて死んでしまった、またはバナナを半分まで食べたところで交通事故に遭い、それはそのまま3番の歌詞の「とおくへいっちゃうってほんとかな」に続くというのだ。つまり、バナナが原因で死んでしまったサッちゃんが天国へ行ってしまうということを示唆している歌だというのである。

誰もが知っている童謡「サッちゃん」は、実は悲しい一人の少女の人生の終わりを描いた、悲しい歌なのである。

閲覧数コメント怖い
2,0960
1
  • コメント
  • 他の投稿