ある夫婦が某国での旅行中、妻が「服を見たい」ととあるブティックの試着室に入っていった。

しかしいつまで経っても妻は戻ってこない。

不審に思った夫が試着室の扉を開けるとそこに妻の姿はなく、試着のために持って入った服だけが残っていた。

現地警察に通報するも、目撃者がおらず全く手がかりがないことや、外国人であることなどを理由に、早々に捜査は打ち切られ、夫は帰国を余儀なくされてしまう。

数年後、夫が再び某国を訪れた時に「だるま」と日本語で書かれた看板を掲げている路地裏にある見世物小屋に立ち寄った。

小屋に入ってしばらくすると、とんでもないものが舞台に現れた。

両手両足を根本で切断され、樽のようなものに入れられた女である。

舌も抜かれているらしく、よだれを垂らし、声にならない悲鳴を上げている。

吐き気を抑えつつ舞台を見ていた夫はあることに気付いた。

たった今、舞台の上で見世物になっている両手両足のない女は、あの日ブティックから突然姿を消した妻だった。

閲覧数コメント怖い
1,80700
  • コメント
  • 他の投稿