「ジョジョの奇妙な冒険」と「9.11同時多発テロ事件」の関係

「ジョジョの奇妙な冒険」と「9.11同時多発テロ事件」の関係

国民的人気を誇るマンガ、「ジョジョの奇妙な冒険」の第3部に、「9.11同時多発テロ事件」を連想させるものがある。

その場面は第20巻の「オインゴとボインゴ」の話に描かれている。

その話の『男は首が電柱に突き刺さって死んでしまいました』のページでは電柱に突き刺さって死んでいる男が描かれているのだが、その男が着ている服に注目すると確かに、『911』としか見えない文字が描かれている。

その背景には、不気味な笑みを浮かべる「飛行機」とイスラムシンボルでもある「月」が描かれている。
男が死んだ時間は午前10時30分とされているが、これは貿易センタービルが倒壊した時間と一致するのだ。
また、午前10時30分であるにも関わらず「月」が描かれている点もかなり不自然だと言える。

更に、この話の場面は
『予言ができるスタンド使い(能力者)』が予言を行ったシーンである
という事実もかなり興味深い点であると言える。

後日談として、しょこたんとの対談の中で作者の荒木先生は、
「僕もびっくりした。あの”911”としか見えないTシャツも、何で描いたのかわからない。何のデザインかも考えたけどよく分からない。」
と発言しており、この謎に拍車をかけている。

閲覧数コメント怖い
2,4150
1
  • コメント
  • 他の投稿