霊感があるのかどうかを確認する3つの方法

自分に霊感があるのかどうか、簡単に調べる三つの方法を紹介しよう。

まず1つ目は、手相占いの一種である。
親指を突き出して、goodマークを作ってみる。
その突き出した親指の第一関節が曲線二つで囲まれており、眼のようなマークが見える、いわゆる「仏眼」相と呼ばれる手相がある人は、一般的に霊感がある人が多いそうだ。

2つ目は、自分が寝ている時を想像したとき、自分の目線ではなく、上から全体像を見渡す形を想像した人は、第三の目があるということで、霊が見えるのではないかと言われている。
同じように、昨日の夕食を思い浮かべてみてほしい。
自分の目線ではなく、少し後方から自分越しに夕食を思い出した人も、同じ理由で霊が見えるのではないかと言われている。

3つ目は、まず自分の自宅を思い浮かべ、玄関から入って全ての部屋のドアを開ける想像をする。開け終わったらもう一度玄関に戻り、今度は順番に閉めていく。全て閉め終わって、再度玄関に戻る。この一連の想像の過程で、家族を含め誰にも会わなければ霊感は存在せず、誰かと出くわせば霊感があると言われている。

ぜひ、試してみてほしい。

閲覧数コメント怖い
3,44800
  • コメント
  • 他の投稿