童謡「しゃぼん玉とんだ」

童謡「しゃぼん玉とんだ」

童謡にまつわる都市伝説は数多くあるが、「しゃぼん玉とんだ」も例外ではない。

しゃぼん玉とんだ
屋根までとんだ
屋根までとんで
壊れて消えた

しゃぼん玉消えた
飛ばずに消えた
生まれてすぐに
壊れて消えた

風風吹くな
しゃぼん玉とばそ

この歌詞の意味するところは、一人目の娘は成人まで生きた(屋根までとんだ)が、その後すぐに死んでしまった(壊れて消えた)。
二人目の娘は立つこともなく(飛ばずに消えた)、生まれてすぐに死んでしまった(壊れて消えた)、と言われている。

この歌詞を作詞した野口雨情は、実際に成人後の娘と、生まれて間もない娘の二人を亡くしており、この歌詞の裏側の都市伝説に信憑性をもたせている。

閲覧数コメント怖い
4,15700
  • コメント
  • 他の投稿