「探偵!ナイトスクープ」の都市伝説

「探偵!ナイトスクープ」の都市伝説

1988年にスタートし、現在も関西と中心に人気を誇るバラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」。
一見無謀な視聴者からの依頼に対し、お笑い芸人扮する探偵が出向いて依頼を解決するというスタイルを20年近く続けている長寿番組である。そんな長寿番組に寄せられた大量の依頼の中でただ一つだけ「捜査打ち切り」になったものがあるという。

それは1992年2月~3月頃に起こった。

大阪の鴻池新田界隈のガードレールや電柱に、梱包用の硬いビニールひもが多数くくりつけてあるという。
一体誰が何の意味でやってるのか 全く不明。この不思議な事件(事件というほどのもんでもないが)の依頼を受け、「探偵ナイトスクープ」が動いた。(ちなみに放送日は1992年3月20日)
この事件の探偵はトミーズ雅で、彼は早速現地に飛んだ。

現地では確かにビニールひもがかなりいろいろな場所にくくられており、かなり張り込んで朝まで調査したものの、ひもは増え続けたらしい。ものの10分前に通った時には何にもなかったところにひもが現れたりするなど、普段の依頼と違う不気味さにスタジオの空気も変わってきたそうだ。

そして、最後はとあるガソリンスタンドの裏に数百本のひもがくくられているのが見つかり、スタジオは悲鳴・・・。結局、番組史上唯一の「捜査打ち切り」になってしまい、しかも「以後本件に関する情報は一切受け付けません」というテロップが出たそうだ。

放送当時、うわさとしては立て看板をしばるためのひもではないかという意見が多かったそうだが、この近所の人が言うには、「うちの前の電信柱にも硬質のひもがくくられてたが、今まで一度もこの電信柱には立て看板がかかったことはない。」との意見もある。
また、ナイトスクープに出ているタレントが自分のラジオ番組内で、「ああいう結界の張り方があるらしい」と話していたといううわさもある。

また、放送の後、役所の人がそこにあった何百ものヒモを全部回収したそうだ。

放送からしばらくして、実際にくくりつけている人が判明した。
「どうして、ビニールひもでくくるの?」
「なんのためにこんなことするの?」
と聞かれても

「わからへん、でも、くくらなあかんねん。」
と答えたそうだ。

閲覧数コメント怖い
2,8810
1
  • コメント
  • 他の投稿