コンタクトレンズに関する都市伝説

コンタクトレンズに関する都市伝説

ある工業高校でアーク溶接の実習が行われた時のことだ。
アーク溶接では鉄をおよそ3000℃の高温で加熱して加工する。
このため、現場はまさに地獄のような暑さになる。

ある一人の生徒がこの暑さに耐えかね、溶接光を遮断するための遮光眼鏡を外して額の汗をぬぐった。

この時、彼は直接アーク溶接の火花を見てしまった。

やがて授業は終わり、この生徒も家に帰っていった。
彼は目が悪く、普段はコンタクトレンズを着用している。

帰宅した彼はいつもそうするようにコンタクトを外したのだが、その瞬間に彼の視界は闇に包まれ、何も見ることができなくなった。

実は彼が火花を見つめた時、彼の角膜は熱によってコンタクトレンズと融合してしまったのだ。
そのため、彼がコンタクトを外すと同時に角膜までが一緒に剥がれてしまったのである。

閲覧数コメント怖い
2,39000
  • コメント
  • 他の投稿