家庭用品メーカーP&Gと悪魔崇拝

家庭用品メーカーP&Gと悪魔崇拝

家庭用品メーカーのP&Gの社長が、有名なトークショーで会社の売上げを悪魔教会に寄付していると発言したという噂。

この噂を真実だと信じた人達は、P&Gの旧ロゴに、悪魔崇拝の象徴である二つの角(horn)と666(獣の刻印)が含まれていると指摘した。さらに、旧ロゴにある星を線で繋ぐと666が現れるとも。

この「悪魔崇拝」の元はわかっていないが、P&Gはアムウェイに対しこのような噂を広め扇動しているとして、いくつもの裁判を起こしていた。20年にわたる裁判の末、裁判所は2007年3月、P&Gに勝訴を言い渡した。アムウェイは1925万ドル(当時約22億円)をP&G側に支払うことになり、日本でも報道され、ニュースサイト等に掲載された。

また同様に、1977年にはMcDonald's、1990年にはLiz Claiborneが、悪魔教会に売上げを寄付しているとの噂があったがどれも真実ではなかったということだ。

閲覧数コメント怖い
2,16700
  • コメント
  • 他の投稿