スターバックスの都市伝説

スターバックスの都市伝説

スターバックスとは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。みなさんも一度は利用したことがあるだろう。

そんなスターバックスが知られざる洗脳方法で消費者をスタバ中毒にしいるというのだ。

スターバックスのログマークを想像してほしい。このロゴマークに描かれている女性は、ギリシャ神話に出くる2つの尾をもつ人魚「セイレン」を表している。しかし、実はこの中にあるマークが仕込まれているというのだ。

王冠を被った女性の背中から羽のようなものが生えているが、王冠と羽にあたる部分を隠すと、真ん中に浮かび上がる絵が実はムンクの「叫び」になると言うのだ。ムンクの「叫び」は、人に対して強迫観念を押し付けるそうで、あのロゴマークを見ることで、つい「コーヒーを飲まなければ」という衝動に駆られてしまうらしい。このように無意識のうちに脳に情報を植え付ける手法を「サブリミナル」という。

ついついスターバックスに通ってしまうのは、サブリミナルの影響を受けているのかもしれない。

閲覧数コメント怖い
3,0080
1
  • コメント
  • 他の投稿