ツチノコの正体

ツチノコとは、日本に生息すると言い伝えられている未確認生物(UMA)のことである。北海道と南西諸島をのぞく日本全国で目撃例がある。

特徴としては、蛇のような頭を持つが、普通の蛇と比べて銅の中央部が腫れている。また、以下のような特徴をもっている。

・日本酒が好き
・「チー」などと鳴き声をあげる
・非常に素早い
・尺取虫のよう体を屈伸させて進む
・尾をくわえて体を輪にして転がるなどの手段で移動する
・いびきをかく
・味噌、スルメ、頭髪を焼く臭いが好き
・猛毒を持っているとされることもある

ツチノコの正体については諸説あるが、「アオジタトカゲ」ではないかという説が最も有力だとされている。アオジタトカゲはインドネシアやオーストラリアに生息するトカゲであり本来日本に生息しないトカゲである。

理由として、まず見た目がツチノコ同様、胴の部分が膨らんでいる。さらに、見た目以外の理由として、1970年代から日本で飼われるようになり、目撃情報が増加した時期に一致していることが挙げられる。ツチノコはマナーの悪い飼い主によって生み出されたのかもしれない。

閲覧数コメント怖い
5,31100
  • コメント
  • 他の投稿