千と千尋の神隠し

『千と千尋の神隠し』とはスタジオジブリの長編アニメーション映画であり、興行収入300億円を超えた大ヒット作品である。そんなヒット作の裏に隠された都市伝説があるらしい。

隠されたストーリーは少女が娼婦に身を落として自分の親の罪を償うというもである。オープニングで道を間違えた父は勝手に屋台で暴飲暴食をする。これは借金を意味し、そのつけを払ったのが娘の千である。両親が豚になっている間に湯屋で働かなくてはいけなくなるのだ。千尋が働く「湯女」とは「娼婦」の意味がある。また、名前を変えられるというのは源氏名をつけられたことを意味する。

さらに、登場人物にも隠された設定が存在する。白面でおなじみのカオナシは資本主義の象徴だというのだ。カオナシは食べ物を与えてくれた者に対して金を与える。最初はうまく行くが、次第に秩序を失い最後には暴走していく様が描かれる。いつまでたっても満腹にならいカオナシは資本主義のメタファーになっているのだ。また、作中の中盤で登場するヘドロの様な姿をしたオクサレ様は資本主義が生んだ公害や環境汚染を象徴している。

閲覧数コメント怖い
2,68400
  • コメント
  • 他の投稿