崖の上のポニョ

『崖の上のポニョ』とは、スタジオジブリ制作、宮崎駿監督の長編アニメーション映画である。ジブリには数多くの都市伝説が存在するが、この作品にもやはり都市伝説が存在する。実は、ポニョで描かれている世界は、死後の世界だというのだ。以下がポニョが死後の世界だといわれる根拠となっている。

・歩けなくなっていた「ひまわりの家」のおばあちゃんたちが、なぜか走り回っている。

・津波に水没した町がそのまま綺麗に残っているし、水も濁りがなく綺麗。

・トンネルはこの世(生)とあの世(死)の世界を結ぶ道になっている。ポニョ自身が「ここ嫌い」という発言からわかる。通ったら金魚になっていく(退化した)また、生まれたり、新しくなる時行き来する場所(輪廻)になっている。

また、ジブリ作品の作曲で知られる久石譲氏も次のような意味深な発言をしている。「死後の世界、輪廻(りんね)、魂の不滅など哲学的なテーマを投げかけている。でも、子供の目からは、冒険物語の一部として、自然に受け入れられる。この二重構造をどう音楽で表現するか。そこからが大変でした」

閲覧数コメント怖い
2,66800
  • コメント
  • 他の投稿