コナン黒の組織の黒幕

コナン黒の組織の黒幕

名探偵コナンとは、青山剛昌の大ヒット推理漫画ある。コナンの見所の1つは、黒の組織の正体をあばく点である。そんな黒の組織の黒幕についてある都市伝説が存在する。

今まで登場した黒の組織のメンバーの名前はジン、ウォッカ、ベルモットである。この名前に共通するのは、全てお酒やカクテルに由来した名前がつけられている点である。そうなると、当然他のメンバーにもお酒やカクテルの名前がつくことが想定される。今まで出てきた登場人物の中で酒の名前がついた意外な人物が存在する。

その人物はアガサ博士である。アガサ・カクテルというラムベースのカクテルが実際に存在するというのだ。

さらに、アガサ博士が黒幕だということを裏付ける証拠がもう1つ存在する。実際に、コナンとアガサという作家が存在しており、両者はライバル関係にあったという。コナンの名前はシャーロック・ホームズを生み出したことで知られるアーサ・コナン・ドイルに由来している。彼のライバルにアガサ・クリスティという女性作家が存在していた。

以上の理由からアガサ博士が黒幕ではないかと噂されている。

閲覧数コメント怖い
3,51320
  • コメント
  • 他の投稿

作者が否定してるから無いとは思いますが、もともとそうする気が作者にあったかと思わせるような根拠もあって、そういう点では面白いですね。

なるほど。興味深いです