小夜子小夜子

小夜子さんへのメッセージ

小夜子お姉様、お久しぶりです。
この度は我が愚作「新入生を紹介します」を評価していただき、ベリーボタニカルサンクスです。
僕も現実に打ち砕かれそうになった時そっと怖話を開きます。そして小夜子お姉様を始めとしてその他のお兄様、お姉様、先生方の暖かい言葉や作品に助けられている一人です。
今更ながら怖話は本当に最高ですね…ひひ…

返信

この場所をお借りして、先月、私の作品を応援して下さいました皆様に、ありがとうございました。と申し上げたく…。本来ならお一人お一人に、ご挨拶したいのですが。ごめんなさい。ラグト様、コメントありがとうございました!評価下さいました懐かしい皆様、ありがとうございました!
現実はフィクションよりも奇なり。あれからずっと
サイトに訪れることも出来ないまま、ほぼ一月現実と戦ってなんとか、なんとかですが勝ちました。ヤレヤレです!これからゆっくり拝読いたします。怖話最高です!人生最悪の時こそ、怖話の皆様に助けられてる自分がいます。ありがとうございました!😊🙏🎶💖😹

返信

こんばんは!
この度は「ちょうだい」を読んでくださり、ありがとうございます!
怖楽しんでくれたなら、嬉しい限りです。
また目に留まった時は、よろしくお願い致しますm(__)m

返信

小夜子様

メッセージを頂いていましたのに、返事が遅くなり申し訳ありません…!!
久々に、小夜子様の作品を見ることが出来て嬉しかったです♬

私の方は、執筆しては投げ。しては投げ。
…未完成のまま放置されている作品が5,6個ほどありまして…(笑)
しっかり完結させようと思います!!

これからどんどんと暑くなります…
お身体壊されませんように…

返信

小夜子様

ご無沙汰しております、お返事遅くなり申し訳ありません。

お忙しい中の投稿ありがとうございます、毎回楽しみに待っているだけにメッセージまで頂けて嬉しいです。

仕事でのストレスなのかちょっと精神的に参ってしまっていたので小夜子様からのメッセージ大変嬉しく自分の事を覚えてくれていてくれる人がいるということが凄く支えになります。

いつも、いつも本当にありがとうございます(^^)

また気が向いた時にでも作品お願いしますね^_^

返信

お久しぶりです(≧∇≦*)
体調が安定しませんが、何とか生きております(笑)
久しぶりに小夜子さんのお話が見れて、体調少し良くなったかも(∩´∀`∩)*゜

返信

小夜子様
おばんでございます。
ご無沙汰いたしておりました。
メッセージボードに変わらぬお人柄の小夜子様の柔らかなお優しいコメント。
ありがとうございました。
はい。私も「生きております。」(笑)
パソコンを立ち上げ、メールチェックをした直後、新着を告げる音とともに、小夜子様の作品がアップされたことを告げるメッセージが飛び込んでまいりました。
「怖話」を訪れるのも本当に久しぶりでしたが、なにより、小夜子様の新作が読めるうれしさに心躍り、もう矢も楯もたまらず一気読みした次第です。
とりあえず、「怖いポチ」だけいたしまして、コメントは後から・・・と呑気に構えておりましたら、小夜子様から先に丁寧なご挨拶を賜り、恐縮至極に存じ奉ります。お気遣いさせてしまい申し訳ございませんでした。

遅ればせながら、作品のコメント欄にも書かせていただきたく存じます。

今年の北国は、寒暖の差が激しく、天候も定まりません。
春が来たかと思うと、翌日は、真冬に逆戻り。
本日は、11月の気温とのこと。
明日は、激しい雨の降る大荒れの天気になるとか。
それでも、近所のお宅の庭の梅が可憐な花を咲かせ、桜の蕾もほころび始めました。わが人生と照らし合わせながら、梅と桜がほぼ同時に咲き乱れる、北国ならではの風情に、春の訪れを待ち望む日々です。
お元気で頑張っておられるご様子に、励まされました。

くれぐれも、ご無理なさらず。
お身体ご大切になさってくださいね。
これからも、素晴らしい作品で、多くの読者様を怖楽しませてくださいね。
夜分に失礼いたしました。
お休みなさい。

返信

小夜子お姉様、ふふふん。最近ちょいちょいお姉様が覗きにきて下さるので嬉しい気持ちになります。ありがとうございます。

久しぶりにお姉様の話も読みたいなー。いやマジで…今年もよろしくお願い致します!

返信

小夜子様

メッセージありがとうございます。
すっかりご無沙汰しておりました。
小夜子様もお変わりなく、お元気でお過ごしとのこと。
たいそう嬉しく存じます。
今季は、例年になく、たいそうしばれております。
それでも、天気予報によりますと、日中は、お日様がさし、年末は、穏やかな時を過ごせそうです。
年の瀬になりましたね。
今年は、老体に鞭打ち、久しぶりに私の息子娘のような方々と一緒に学校に通い、勉学に励むという貴重な経験をいたしました。自分自身の力の限界や 今まで気づかなかったこと、気づいていても無意識のうちに避けていたこと。それら諸々足らざることや至らぬことにも否応なしに気づかされ、教えらえる日々でもございました。

小夜子様にとって、新しい年も平安で健やかな日々でありますよう。
お祈り申し上げます。
どうかご無理なさいませんように。
これから、本格的な冬の寒さを迎えますが、お元気でお過ごしください。
 
また、ゆっくりお話いたしましょうね。
それでは、良いお年をお迎えください。

返信

小夜子様
おはようございます。珍味です。どうもご無沙汰してます。
今回の拙作と、前回のスピンオフも併せてお読み下さり、怖ポチも頂きまして有難うございました。マイペースで続けて来ました峰岸シリーズも、おかげ様で16話となりました。これからも遅筆なりにコツコツやって行こうと思ってますので宜しくお願い致します。
小夜子様の投稿も楽しみにしてます^_^。

返信

小夜ちゃん(σ`3´)σ見ぃ〜けっ!

もう〜ご無沙汰しちゃったじゃないの〜💕
私ね、急性発作性頭位めまい症なんてのになっちゃってさ、今年の夏にさ初めて目眩した時は最初は脳かなって内科に行ったら、ストレスと過労って言われて安静にしてれば治るって言われてさぁ、したっけなんぼしても良くならんべさや。 1ヶ月もかかって治って、今回は耳鼻科さ行けば良いっしょって、ジジイがうるさいから連れてってもらったべさ(笑) なんもだ〜検査して1分で治ったわ(笑)
一昨日からしばれて、布団さ入っても動かねぇし、今朝はまたグルグルしたよ╮(︶﹏︶")╭
動かねぇせやみこきがなる病だって…ジジイが大笑いしてた(;´༎ຶٹ༎ຶ`)
確かにね…反省点は多々あるよ(ヽ´ω`)トホホ・・

だってねぇ、パート行ってたら帰ってもこわくて何もしたくないべさ(笑)
手抜きだけは上手になったわ🤪

しばれる季節だから、小夜ちゃんも暖かくさして、風邪ひかないようにねぇ💕
したっけねぇどろん!! |ω・) |・) |) ※パッ

返信

小夜子様、こんばんは‼

この度は『のんちゃんの鏡』に【怖ポチ】をありがとうございました。

無駄な背景・会話が多いことは分かっていながらも…
またしてもあんな長編、やってしまいました…
それを、お読みいただき、ご評価まで頂戴したこと…
本当に本当に嬉しいです。

朝晩は涼しいけれど、日中は暑い…
そんな日が続いておりますが…(あれ?九州のこちらだけ?)お身体に変化などありませんでしょうか?
お忙しいなか、あんな長文をお読みいただき、申し訳ないと思うとともに、とても嬉しく思います。
また、小夜子さんのお話しを読ませていただければ♪と楽しみにしております(*´ω`*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

返信

小夜子様
たびたびすみません、珍味です。
”魚群探知機”にも怖ポチを頂いてまして、有難うございました。お礼が前後してすみません(^_^;)。こちらは峰岸シリーズとは独立したお話ですが、海の怪談をテーマに考えてたら思いついたものです。背景に戦時中の事件を絡めたのも八月という季節の為せるものかもしれません。
重ね重ね有難うございます。取り急ぎ御礼まで。

返信

小夜子様
今晩は、珍味です。
いつもお読みくださり、また、今回の拙作にも怖ポチを頂き、有難うございます。
やっと峰岸シリーズをお届け出来ましたが、如何でしたでしょうか。間があいてしまいましてすみません。相変わらず歪んだ人間ばかり登場させてまして、こんな展開ばかり考えてる自分が時々心配になりますが、まあ、そこは怖話ですからね…ということで、お許し下さい(^_^;)。
何はともあれ、小夜子様の復帰、重ね重ね嬉しく思ってます。昔の御作が出るたびに嬉しいですし、この勢いで新作も…なんて欲張っちゃいけないですね(^_^;)。勿論ご無理の無いペースで活動ください。
何やら寒暖差も大きい今日この頃ですが、どうぞくれぐれもご自愛ください。

返信

お久しぶりです((*´∀`*))
返事が遅くなりました(>_

返信

小夜子さん、夜分にごめんなさい。
メセボにありがとうございます。
ポチだけだったのに、お言葉を頂けて
嬉しかったです。
これからも頑張って下さい^ - ^
夜分に失礼いたしました_(、、:)_

返信

小夜子さん
待ってらんないから来たべさ〜(笑)

すっかりご無沙汰しちゃって〜ごめんね😭
7月から息子の通所施設でゴタゴタ続きで…もうわやだ(泣)
したっけ、そんなに多くない通所だから思った事も言われんべさ〜。
土曜に倒れちゃって…(๑>؂•̀๑)テヘペロ
小っ恥ずかしいったら無いわ(笑)

もう一息で手を離せるかなって、思った矢先の出来事で…打ちのめされたわ(笑)
まだまだゆるくないけど、少しずつは良くなって行ってるから、なんとかなるっしょ(笑)

小夜子さんもしばらく見えんかったから…どうしたんだべって気にはなってたんだけど。
あずましくスマホちょす時間も無くて…ごめんね〜😭
まずは元気そうで何よりだわ❤
したっけ、もう朝晩は冷えるから風邪なんて引かんようにねぇ(*´︶`*)

返信

キャーーーーッ(((o(*゚▽゚*)o)))

小夜子さーん❤️

私の方こそご無沙汰しちゃってゴメンなさい(T◻︎T)

小夜子さんはナマケモノですかww
私は巷でミナミゾウアザラシと…ww

水に浸かってるとバシャバシャやるのに、陸にいるとダラーんとなってしまう(≧艸≦*)
って、海でマンボウでしたww

そうなんですよ(;へ;)
ちょっと…と言いますか、危ない状況だったので、ビクビクしっ放しでした…。

手術をした訳ではなく、あくまでも緊急の処置だけなので、未だ安心は出来ないのですが…

小夜子さんの仰る事、本当によく分かります。
私も全く同じ気持ちです。

高度認知症の母ですから、幼子に戻ってしまいましたし。
まぁ、今は施設に預かって頂いているので、あの…先の見えなかった介護生活からは解放されはしましたが…。

今の母は、本当に可愛いだけの存在なんです。
暴言も吐く事なく、暴力を振るうでもなく、いつもニコニコ笑顔で居てくれて。

どんな母でも大好きなんですよね。
例え会話が出来なくても、私の事を忘れてしまっていても…。
それでも、母の笑顔が見えるなら…。

そう思ってしまいます。

もしかしたら、今回の入院が切っ掛けで、寝たきりになってしまうかもしれない…。
身体の拘縮が気になりつつも、それでも命尽きるその日まで、生きていて欲しい。

仏壇に、父の好物だった素甘を備え、お水も氷水にして、頼んじゃいましたヽ(・∀・)

「未だお母さんを連れて行かないでね?
でも、その時が来たら、お母さんが迷子にならない様に迎えに来てね。」って。

ボケているくせに、父の事は覚えているらしく、たまに「お父さんがね?」なんて言うんですよ。
覚えているんじゃなくて、母が大好きだった父は、母が心配で傍にいるんでしょうかね(´∀`)

私も、実は…母に纏わる話を書こうと思っていたんです。
そうしたら、こんな事態に…
それって、書くなって事でしょうか?
それとも書けって事なのでしょうか?

分かりませんが、意地でも絶対に書き上げてやります( *`ω´)‼︎

それから…
私の3人の息子達も皆、それぞれに家庭を持ち、家を出て行きました。

尤も、一番最後まで居た三男は、入籍前に2年ほど同居をしていて、本当の娘の様に可愛い(*´ω`*)
「もし、あいつが浮気なんてして離婚になったら、お母さん?ここに帰って来ても良いですか?」なんてww

そして、私に何か有ったらと、すぐ近所に住んでいますww

電気代もガス代も水道代も、信じられないほど安くなりましたが、1人で食べる食事は味気なく、今迄は決まった時間にご飯の支度をしていたのに、それも自分の好きな時間で良いし、食べたくもない肉も食べなくたって良いし(´∀`)

楽チンになったのですが、同時に何か遠い昔をよく思い出す様になりました。

小夜子さんの作品コメ欄でも書きましたが、未だガチャガチャ回すチャンネルの白黒テレビ。
一家に一台しかないし、チャンネル権は父にありましたから、観たい番組も観せて貰えない。
夏は楊柳のシャツとステテコで、秋から冬は丹前をキリッと来た父は、一升瓶からコップにお酒を注ぎながら新聞とテレビの両方を楽しんでる。

母はいそいそとお盆に乗せた料理を運び、姉と私はご飯をよそったり、お味噌汁を入れたり。

絵を描くのが好きだった私は、よく新聞広告の裏に父の似顔絵を描いていました。

エアコン…クーラーなんてない時代。
網戸と扇風機と蚊取り線香の匂い。

両親は当たり前にいて、ずっと家族の形が変わる事はない。
ただ、ボンヤリとそんな事を思っていましたっけ。

そんな時に、小夜子さんのあの話を読んで、ダムが決壊した様な気持ちになりました(/ _ ; )

切なくて…
懐かしくて…

胸に沁み入る素敵な話を、小夜子さん‼︎

本当に有難うございました(´;ω;`)

そして、そうです‼︎

でも小夜子さん!
あれはジャンスカではなく、吊りスカートです(´∀`)ww

正しく、それですww
背中がバッテンで、プリーツになったスカートw
白い丸襟の淵にフリルが付いてたり、前立てのところにもフリルが付いてたり。
足元も、折り返しのソックスで、縁取りでレースやフリルが付いてました(´∀`)ww

ワカメちゃんやちびまる子ちゃんが履いてるスカートww

よくあのスカートを履いて、スカートを鉄棒に巻き付けて片足回りをしては破って、母に叱られました(・・;)

お転婆だった私は、生傷の絶えない子でした。

家の近所の子供達を集めて、皆でハンドボールをやったり。
我家は違いますが、周りは私立の学校に通う子供(お抱え運転手さんの送迎付きで)も多かったのですが、私と同じ平民の子供達や、斜め前の家が、お父さんが西ドイツ大使館にお勤めで、ドイツ語なんてちっとも分からないのに、いつも誘ってました(´∀`)

最初はどう見たって悪口を言われてるなぁーって感じで、憎たらしい態度を取ってた兄弟だったんですが、子供って不思議ですよね。
言葉なんて分からなくても、そのうち打ち解けてしまって、いつの間にか仲良しになっていました(*^^*)

だって、知らない国に来て、遊ぶ友達も居ないんじゃつまらないし、なら、一緒に遊んで仲良しになっちゃえば良いんだ‼︎

の、私の企みは成功しました(*´艸`)

ダメだわ。
小夜子さんと話し出すと止まらなくなっちゃうΣ( ̄[] ̄;)!

そして、私のリクエスト❤️
聞いて頂けるんですか。゚+.( °∀°)゚+.゚

そうです‼︎

確か、【路線バス】だったと思います。

後、小夜子さんの投稿後に同じ様な投稿をした人が居たから、記憶が定かではないのですが…

小夜子さんの近所に住む子供の話。

小夜子節炸裂の、懐かしくて切なくて、そしてゾワッと来る話。

あれも小夜子さんのお時間のある時で良いので、もし、未だ残ってらしたら、お願いいたしますm(_ _)m

異常な長さになってしまったΣ(`艸´*)

ゴメンなさい。゚(つД`)゚。

では、小夜子さんの投稿、楽しみにお待ちしております❤️

メッセージと、リクエストに応えて下さり、小夜子さん♬

ありがとー(人•ᴗ•♡)

返信

小夜子さま
遅くに失礼します。再度の暖かいメッセージ、有り難うございました。
すっかり小夜子さまのファンになってしまいました。
次のお話も、楽しみに待っていますね。
スローペースとおっしゃっていらっしゃいましたが、ご自分のペースで、どうぞご無理なさらぬように★
まだまだ残暑も厳しい折、お体どうかご自愛くださいね(*´ω`*)

返信

小夜子さま

初めまして★メッセージボードにコメント有り難うございました。お返事が遅くなり申し訳なかったです。また、怖ポチだけでしたのに、わざわざメッセージボードにまでお越しくださり、逆な申し訳なかったですm(__)m
お話、とても怖かったです。最初はゆったりした回顧録のような、なにか懐かしい景色を愛でる、どこかほっこりとした空気もある。そんな、なかから徐々に迫ってくる怖さにぞくぞくさせて頂きました。
お恥ずかしながら、既存の小夜子さまの作品を読んだことがなかったので、これから読ませていただきたいと思います。
有り難うございました。

返信