いもいも

いもさんへのメッセージ

いも様
私の拙作をお読みいただき、評価とコメントまで頂戴し、恐悦至極に存じ奉ります。まさか、全く怖くない、本作がお目に留まるとは、想定外でございましたが。(笑)
ご指摘の通りでございます。
嬉しいです。
ありがとうございました。

当時の話題となっていた素材(モチーフ)全てと、ご本人様がリスペクトしておられる作家様のお名前をチョイスして、作ったお祝い作品でした。
お題を頂戴し、それに合わせて作品をひねり出す。
詩歌の世界にも通じる緊張感は、格別のものがありますね。
実話には実話の、創作には創作の良さがありますが。
私のようなものが申し上げるのも僭越ではございますが、実話といえど、起こったことすべて、完璧に言葉として表現できている、もしくは、伝えられているとは限らないと思います。
また、創作だからといって、すべてが嘘偽りとは言い切れないとも。
本当の恐怖は、もっと斜め上をいくものではないかと。
もっというなら、ある霊能者の方がおっしゃていたように、「霊が視えるからといって霊感があるとは限らない。」のではないでしょうか。
いも様の作品をお読みし、そう思いました。
これからも、よろしくお願い申し上げます。

返信

いも殿、わざわざお越し頂きありがとうございます(๑¯ω¯๑)
いつも楽しく拝見させて頂いております。
また読みに伺わせて頂きますので、よろしくお願い致しますぞ♪

返信

いもさん〜
魔女を読んでいただき
コメント、怖ポチありがとうございます(≧∇≦)
幻想的な作品を書きたいと思って
いろいろな部分を曖昧に書いています
人の名前も書かないことが多いんですが
相関関係を示すために人物に名前をつけました
次はそこも曖昧にしたような作品書きたいです
ありがとうございました!

返信

いもさん〜
一行怪談を読んでいただき、コメント、怖ポチもありがとうございます(≧∇≦)
過去作などの返信はメセボにさせていただいております
イベントなので悪ノリも兼ねて主人公に悲劇ループしてもらいました〜
ありがとうございました!

返信

いもさん〜
彼女の答えを読んでいただき、怖ポチまでありがとうございます(≧∇≦)
途中までファンタジーな気分で書いてましたが
最後に彼女が勝手に暴走しました笑
ただいま、ひとつ執筆しております…
書き上げられる可能性は半々ですが
そのときにはよろしくお願いいたします〜

返信

アナフィラキシーにコメント、怖ポチありがとうございます(≧∇≦)
序章のつもりで書いたものですが
未だに序章で終わっております笑
いつの日か本章を…
もともと長編が書けないので本章も短編になるかも笑
またよろしくお願いいたします(≧∇≦)
ありがとうございました!

返信

いも殿、わざわざお越し頂いて恐縮ですぞ( ˇωˇ)
また気になるお話しをお願い致しますぞ(๑¯ω¯๑)♪

返信

いもさん。
怖ポチと、メッセージありがとうございます(*≧∀≦*)
私は、まだまだですよ(^o^;)
皆さんお上手ですよね~

返信