Y・YY・Y

Y・Yさんへのメッセージ

@鏡水花
はじめまして。ご丁寧にありがとうございます(*´∇`*)

『にゃんにゃん会議』のような事件にしろ『忌み雨』のような事件にしろ、やはり幼い子供が犠牲になる事件は本当に痛ましく胸が苦しくなります。
『忌み雨』の幼女にはこの後は苦痛や恐怖、怨みから解き放たれた世界で安らかに過ごしてほしいと思いますし、『にゃんにゃん会議』の少年には来世では大切にしてくれる人達のもとに生まれ、幸せな人生をおくってほしいと思います。

話は変わりますが、私が初めて鏡水花樣の作品に注目したのは『They are』でした。
無責任にペットを棄てる人達がけっこう居て、その結果、各地で様々な問題を引き起こしていることを考えると「これはありそうだ」と思いました。
一時期読めなくなっていましたが、再投稿してくださって嬉しかったです。どうもありがとうございますm(__)m

返信

Y.Y様

怖話ではじめましてですね*:.。.(*ˆ﹀ˆ*).。.:*
この度は私の投稿作品をお読みくださり、ありがとうございました♬

しょうもない話ばかりですが、又Y.Y様のお目に留まる事が御座いましたら、お付き合い宜しくお願いいたします(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ

返信

ありがとうございます!

返信

@miyomiyo
わざわざご丁寧にありがとうございます。
よろしくお願い致します。
なんだか分かるような、よく分からないような、ちょっと謎っぽいお話ですね。
続きをお待ちしております。

返信

お話を見ていただきありがとうございます!!
これからもよろしくお願いします!!

返信

@名無しの幽霊
わざわざ詳しい解説をありがとうございます。
確かに村八分的な事では現代でもいろいろと事件が起きているようですね。
しかし平安時代のご先祖様のやったことで現代の自分達に危害が及ぶとなると「そんな大昔のこと知らんがな」と言いたくなってしまいます(;´д`)
シリーズ、ボチボチとですが読ませていただきます。
どうもありがとうございます。

返信

@Y・Y

オハル・オアキちゃんの生い立ちを見れば明らかです
昔の江戸時代の封建社会がどれほど厳しかったか
まぁ・・・平成の時代もさほど変わりませんが・・・・
村、という最小組織は完全に人格をおかしくしますね
ニュースでも報道がありましたが一部の地域で今も村八分があります

そのご先祖様が生きてるときに周りの人間にどれだけの迷惑をかけたかで
子々孫々の行く末は決まると思います
恐らくは平安時代の時のご先祖様がなにかしら他人に迷惑をかけたから
オアキ・オハルちゃん一族しいては「私たち」の子孫まで「祟り」という感じで
次々と騒動が起きているのだと思います

この物語は「家系」「一族」とは?
という人間という種に生まれた以上避けて通れない問題を提起しています

人間の呪いは7代続くとか・・・・

一体「私たち」のご先祖様はなにをしたのか・・・
他人から恨まれる行為をしたことには間違いはない
他人から馬鹿にされるのはまだいい方
他人から怨恨されるのが人間として辛いものはない

こういう事態の元となったのは何か?
徐々に事の真相が解き明かされて行くと思います

ゾクゾク・笑い・ほのぼの
色々な感情が主人公たちを浮き彫りにしていきます

暇なときにお菓子やジュースなどを食べながらゆっくりと気楽に読んでいただければ
いいなと思います

「おっちー」シリーズをよろしくお願いします

返信

@名無しの幽霊 わざわざご丁寧にありがとうございます。
まだ慣れていなくて、メッセージボードの見方が分からず、お返事が遅れてしまい申し訳ありませんm(__)m
怖楽しく読ませて頂きました。
S君「見るな」って言われてるのに行くなよー、と思いましたが、「見るな」と言われたらかえって見たくなるというのはありますよね~(^^;
「私たち一族を呪っているのは誰なのか? 」とは、なかなか壮大な物語シリーズのようですね。

返信

「方向音痴と化け物」に「怖い」につけて下さりありがとうございました
他の方の作品は「怖さ」がありすぎて夜中に読むとゾクゾクときますよね
ですが
私の作品はその「怖さ」をあまり強調をしないように書いております
というかとても自分では書けません
ちょうどいい暇つぶしの時間にと思い難しい文章は避けて気楽に誰でも簡単に読んでくださればいいかな、と思います
読む時間が表示では結構長いと書かれていますが
読み出せばあっという間に終わるという単純明快さの文章です

「おっちーー」シリーズは4人の主人公で成り立っています
話はあちこち飛んでいますが最終的に一つの完結した文章へと繋がっていきます
餓鬼を操る黒幕は誰なのか?
私たち一族を呪っているのは誰なのか?
4人の主人公の周りに起こる奇怪な事件や出来事
などなど・・・・
少しの怖さと少しの笑いが混ざる「おっちー」シリーズをよろしくお願いします

返信